サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 話題の新型燃料電池車ミライはアルファード好きよりクラウン好きに刺さるかも!?

ここから本文です

話題の新型燃料電池車ミライはアルファード好きよりクラウン好きに刺さるかも!?

初代ミライは5年で1万台。新型はなんとしても売る必要があった

まさかこういう手で来るとはねぇ。昨年末、鳴り物入りで登場したトヨタの新型燃料電池車、2代目「ミライ」ですよ。かつては「走るスペースシャトル」とも言われ、走ってる時には水しか出さない究極のエコカー。

ただし、水素と酸素を反応させる燃料電池スタックは素材的にも技術的にも難易度が高いのと、水素タンクもデカく特殊技術がいるわで原価バカ高。かつて1台1億円以上と言われ、それをなんとか克服して700万円台で発売されたのが2014年発売の初代ミライ。

ただし、燃料電池車にはまだ難点があって基本臓物がデカい。前述スタック&専用水素タンクのほか、骨格は電気自動車なので高出力モーターやパワーコントロールユニット、一部バッファ用のリチウムイオン電池まで必要です。

初代はそれをお手軽なFFプラットフォームに組み込んだので、あのような船の如き個性派フォルムになりました。コスト、スペースユーティリティ、スタイル制約など、なかなか消えないハンディキャップを背負った究極のエコカー、それがミライの本質なのです。

ついでに水素ステーションは未だ全国100カ所ちょいと少ない。初代の販売台数にしろ、頑張ったものの約5年で世界累計約1万台で国内約3400台。今回はなんとしても売らねば! と考えに考え抜いて作られたわけです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します