サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 次期・BMW3シリーズ 超リアルCGでチェック

ここから本文です

次期・BMW3シリーズ 超リアルCGでチェック

次期・BMW3シリーズ 超リアルCGでチェック

■開発コードは“F30”。デビュー直前!

BMW3シリーズのフルモデルチェンジがいよいよ近づいてきた。14日にはミュンヘンでその姿がついにお披露目される。

2005年3月に現行3シリーズ(開発コードE90)がデビューしてから早6年。発売当初は好調だった販売も、ここ最近はドイツ国内市場でライバルのメルセデス・ベンツCクラスやアウディA4の後塵を拝する状態となっていることから、BMWは次期モデルでクラスを再びリードすることを狙っているに違いない。

現時点で聞こえてくる噂によれば、開発コード“F30”と呼ばれる次期3シリーズは、現行の5シリーズや7シリーズの流れを汲んだスタイリングになる模様。また全長は現行モデル+2cmの4.55m程度になり、全幅と全高は数ミリの拡大に留まると言われている。一方、ホイールベースは約5cm延長され、走行安定性や居住性のさらなる向上を図っているという。

■ATは8速、3気筒やハイブリッドも登場?

ボディにはアルミを多用し、車両重量の増加を最小限に抑えているとのこと。つまり、燃費性能アップのみならず、ハンドリング性能のさらなる向上も期待できるということだ。ちなみにサスペンション形式はフロントがストラット、リアは5リンクで、機構的には新型1シリーズのものがベースになっていると言われている。

パワーユニットは2.0L直4および3.0L直6のNAおよびターボのほか、330iに新開発4気筒ターボが搭載されるとの噂がある。また、316iにはミニ用の1.6L直4を縦置き搭載するとか、独自開発の3気筒エンジンが存在するとか、現状では様々な憶測が飛び交っている。ATは新型1シリーズと同様に8速ATとなる見込みだ。

また、3.0L直6ターボとモーターを組み合わせたアクティブハイブリッド3も登場する模様。ハイブリッドシステムの合計最高出力は340ps程度になると見られ、優れたパフォーマンスとEUテストサイクルで14.2km/リッター以上の燃費性能を両立するという。

■グランツーリスモ版も登場予定

装備面の進化も見逃せない。次期3シリーズは、クラス初となるヘッドアップディスプレイをはじめ、カメラが読み取った制限速度がディスプレイに表示される制限速度検知機能、レーンキープアシスト、自動駐車システムなどが用意されるようだ。

ワールドプレミアは2012年1月のデトロイト・モーターショーと予想される。ドイツでは2012年春にまずセダンが発売され、秋にツーリングが登場する見込み。クーペは2013年末、カブリオレは2014年春になる模様だ。また、5シリーズ・グランツーリスモと同様のボディをもつ3シリーズ・グランツーリスモも2013年に登場すると予想されている。

ハイパフォーマンス・バージョンのM3は2013年秋にデビューするとの噂だ。パワーユニットは新型M5のようにV8ツインターボではなく、335i用の3.0L直6ツインターボをベースにM社が開発した専用のクランクケースやシリンダーヘッドなどを採用したものになり、最高出力は440ps程度になるとの噂。トランスミッションはMTとデュアルクラッチの7速M DCTドライブロジックが用意されると言われている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します