サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > メルセデス・ベンツ「コンセプトGLB」発表 量産モデルは早ければ年内に国内導入か

ここから本文です

メルセデス・ベンツ「コンセプトGLB」発表 量産モデルは早ければ年内に国内導入か

これまでのコンパクトSUVと異なるGクラスの影響を受けたデザイン

メルセデス・ベンツは 2019年のオート上海でコンパクトセグメントのラインアップに属する最新モデル、「コンセプトGLB」を発表した。このモデルはコンセプトと但し書きが付いているが、ドイツおよび欧州では遅くとも年内に発売が予定されている。そしてアウディ、BMW、あるいはレクサスなどのライバルのプレミアムSUV市場を狙っている。

興味深いのは このコンセプトGLBがこれまでのメルセデス・ベンツのコンパクトモデルのような曲線の多いデザインではなくて、メルセデス・ベンツのアイコンとなっている「Gクラス」の影響を大きく受けている点である。駆動方式はFFと4WD(4マチック)が用意される。メルセデス・ベンツのデザインを統括するデザインオフィサーのゴーデン・ワーゲナーは「チーム内でミニGクラスをやってみたいという動きがあったのを知って、このアイデアを生かすように指示しました」と語る。

また、コンベンショナルな内燃機関(ガソリンやディーゼル)だけではなくBEV(電気自動車)として、今年発売の「EQC」に続いて2021年に「EQB」も登場する予定だ。GLBはスタンダードの5人乗り、そして3列シートの7人乗りがオプションで用意され、昨年フェイスリフトされた「GLC」と2世代目の「GLA」の間に送り込まれる。

価格がどの程度になるのかはまだわからないが、今秋に開催されるフランクフルトモーターショーで量産モデルが公開された後、ドイツおよび欧州で販売が始まる。早ければ年内に日本市場に到着するだろう。

「我々はSUVの売れ行きや市場をリサーチして、GLAとGLCの間にまだスペースがあるのではないかと自問しました。その回答がGLBです。頑丈そうでかつ最大7人乗りと実用的で、それにも関わらずコンパクトセグメントの仲間に収まるサイズとしました」と販売担当副社長のアクセル・ハリスは説明する。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します