サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > BMW M5の頂点モデル「CS」の取材成功。コンペティションより600万円以上高いが日本でも早期売り切れの可能性あり

ここから本文です

BMW M5の頂点モデル「CS」の取材成功。コンペティションより600万円以上高いが日本でも早期売り切れの可能性あり

M5シリーズの頂点、0-100km/h加速は3秒フラットに

2020年BMW M社は14万4000台あまりを販売し、宿命のライバルであるメルセデスAMGに2万台近い差をつけて、再びプレミアムパフォーマンスブランドのトップに立った。そのM社のシンボルともいえるモデルが「コンペティション」と、その上位モデルの「CS(クラブスポーツ)」で、これまでに「M2」「M3」「M4」が登場、いずれも予想を超える受注が入っているといわれる。

そして今回、「M5」をベースにした「M5 CS」が登場した。レポーターはこの発表に先立って、ミュンヘン郊外のシークレットスタジオで接近遭遇を許可された。同行したのはM社でM5のプロダクトマネージャーを務めるミヒャエル・シェルホルン氏である。

スポットライトの中にたたずんだM5 CSで何よりも目を引くのが「フローズン・ディープ・グリーン」というM5 CS専用カラーのボディと、ゴールドブロンズのキドニーグリルやイエローのL字型ライトチューブだ。

前述のシェルホルン氏は「専用カラーに与えられる『フローズン』はクール、エクスクルーシブを表し、他に『フローズン・ブランズ・ハッチ・グレー』があります。またアクセントテーマカラーは『マットゴールドブロンズ』で、キドニーグリルだけでなく、サイドのジルズ(Gills:えら)やホイールとロゴにも使用されています」と解説する。

そして何よりも重要な「CS(クラブスポーツ)」のコンセプトは、「M5シリーズのハイエンドモデルとして最大のパフォーマンスと魅力を引き出すこと」であると締め括った。

M5 CSが搭載するエンジンは、M5 コンペティションが積む4.4リッターV8ツインターボ(開発コードS63)に改良型インタークーラーで最適化したターボや、350バールの燃料噴射ポンプ採用したもので、最高出力は10馬力アップの635馬力となっている。750Nmの最大トルク値は変わらないが、その発生範囲は1800~5950rpmへと高回転域側が広がっている。

組み合わされるトランスミッションは8速ATで、駆動方式はもちろん4WDである。その結果、0-100km/h加速は3秒フラット(コンペティション比-0.1秒)、200km/hまでが10.3秒と向上。ただし最高速度はスタンダードが250km/hでリミッターが介入し、オプションのドライバーズパッケージを付けると305km/hとなるのは変わらない。

加速性能向上にはボディの軽量化も貢献している。軽量化は合計70kgに及び、標準装備のカーボンセラミックブレーキだけで23kgが削られる。防音材や防振材は最小限。ボンネット、ドアミラーハウジング、スポイラー、ディフューザーにはカーボンパーツが採用され、さらに4脚のカーボン製スポーツシートも装備する(M5CSは4人乗り) 。その結果、空車重量は1825kg、パワーウエイトレシオは2.87kg/PSとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します