現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?

ここから本文です
コラム 2019.9.18

いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?
  • いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?
  • いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?
  • いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?
  • いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?
  • いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?
  • いまだカッコよくておしゃれで、安い。旧型イヴォークを買うのに「それ以上の理由」って必要なのか?

ランドローバー レンジローバー イヴォーク

世の中の大半の人は新型も旧型も同じに見える?

こちらは、雑誌「カーセンサーEDGE」で8年以上続いている自動車評論家MJブロンディさんの長寿連載「EDGEセカンドライン」のB面である。すなわち、なぜかその取材現場に同席している自動車ライター伊達から見た「同じ車の別側面」だ。

第4回目となる今回は、2019年8月27日発売のカーセンサーEDGE10月号で取材した2015年式ランドローバーレンジローバーイヴォークピュア(車両本体価格259.9万円/走行5.3万km)のB面をお届けする。

「A面」にてMJブロンディさんが語った内容の要旨はおおむね以下のとおりだ。

「確かにレンジローバーイヴォークはファッショナブルな車だが、一時の流行りで終わるレベルではない“絶対的な美”をまとっている。そしてそれは、本年6月に登場した新型も、それ以前の旧型も変わらない。であるならば、お安くなった旧型の中古車の方が良いではないか」

自動車デザインに造詣が深く、日産自動車のチーフデザイナーだった前澤義雄さん(故人)と自動車デザインに関する雑誌連載も長く行っていたMJさんらしい、本質に根ざした意見である。そしてその意見には、自動車デザインには大して造詣が深くない筆者も諸手を挙げて賛同したい。

そしてそのうえで、造詣が深くない者ならではのミもフタもない意見も開陳させていただく。

新型が登場したことで比較的お安く買えるようになった旧型レンジローバーイヴォークの中古車は、「見え」や「見栄え」「世間体」を重視して車を選びたいユーザーにとって非常に素晴らしい選択肢である。

なぜならば、世の中の大半の人は新型イヴォークも旧型イヴォークも見分けなどつかないし、そもそもレンジローバーイヴォークがフルモデルチェンジしたことなどまったく知らないからだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tat*****|2019/09/18 19:50

    違反報告

    伊達軍曹にしては、まともな記事。
  • oku*****|2019/09/20 08:38

    違反報告

    昔だったら伊達軍曹の考え方は・・・良いよね。

    ただ、今は自動ブレーキ等、事故を起こさない技術装備がどんどん進化している時代になったので、最新型で安全装備が進んでいるモデルを選ぶ。

    自動車事故で社会的地位を失う訳にはいかない。
    もちろん、事故で他人の生活を壊すわけにもいかない。
    クルマにはそれだけの社会的責任が有る。
  • kek*****|2019/09/19 07:49

    違反報告

    安いのは50000キロ超えだからでしょ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します