現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 新型ダイハツ タントが“画期的”と評価できる理由は、福祉車両にあり

ここから本文です
コラム 2019.9.3

新型ダイハツ タントが“画期的”と評価できる理由は、福祉車両にあり

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ダイハツ タントが“画期的”と評価できる理由は、福祉車両にあり
  • 新型ダイハツ タントが“画期的”と評価できる理由は、福祉車両にあり
  • 新型ダイハツ タントが“画期的”と評価できる理由は、福祉車両にあり
  • 新型ダイハツ タントが“画期的”と評価できる理由は、福祉車両にあり
  • 新型ダイハツ タントが“画期的”と評価できる理由は、福祉車両にあり

ダイハツ タント

新しいプラットフォームで生まれ変わったダイハツ タント

軽スーパーハイトワゴンのダイハツタントがフルモデルチェンジ。新たな開発思想「DNGA(DaihatsuNewGlobalArchitecture)」に基づき生み出される第1弾商品となった。

ちまたでは、その新開発したプラットフォームに注目が集まっているが、カーセンサーはあえて「福祉車両」に注目したい。

新型タントの福祉車両は、実に“画期的”なのだ。

「福祉車両」とは、足腰の弱くなった高齢者や身体の不自由な人、車イス利用者などが使いやすい、あるいはその介助者が介助しやすい装備を備えた自動車のこと。

新型タントの福祉車両には大きく3つの画期的ポイントがあるのだ。この記事ではそのポイントを紹介したい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します