現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選

ここから本文です
コラム 2019.8.8

家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選
  • 家族みんな“本気”でアウトドアを楽しめる! 快適性も損なわない5人乗りピックアップトラック4選

▲世界的にも人気がある!? ピックアップトラック。北米では人気ナンバー1なのはもちろん、先日BMWがX7をベースにしたワンオフモデルのピックアップトラックを発表した(販売は未定)。ライバルのメルセデス・ベンツは既にXクラスとしてピックアップトラックを欧州で販売している

本気でアウトドアを楽しみたい人にオススメ

ゆる~く、でも根強く続いているピックアップトラックのブーム。

SUVが人気となってはや20年以上、もはや「アウトドアなんか行かないよ」と言わんばかりに2WDのSUVもたくさん登場している。

そんな中でもやっぱり荷台にボードをガンっと載せ、ザザッと砂埃を上げて止め、パッとボードを手にして海へ走る、みたいな「遊び車」としてのピックアップトラックに惹かれる人も多いハズ。

ピックアップトラックが商用車イメージだったのはもう過去の話で、今流行りのスマートなSUVに対して、無骨なSUVという立ち位置といえるだろう。

海や山だけでなく、街中でも「カッコいい」と誰もが認めるんじゃないだろうか。

そうした状況もあってか、一時絶滅していた国産ピックアップトラック(軽トラを除く)だけど、2014年8月にトヨタランドクルーザー70が1年間限定で復活した。

次いでトヨタハイラックスが2017年に登場し、今も販売が続けられている。ブームに合わせ、ゆる~く、途切れないようにという具合に。

確かに「新車で購入する」という時間軸で区切れば、今はハイラックスしかないけれど、「中古車を購入する」なら、国産車や正規輸入車だけでも意外と選択肢が広がる。

今回は、2010年式以降の物件が探せるダブルキャブ(5人乗り)のピックアップトラック(平行輸入車を除く)に絞ってみたが、それでも4車種が該当した。

比較的新しい4台ゆえ今乗っても十分快適だし、5人乗れるから家族や仲間とアウトドアライフも楽しめる。

ピックアップトラックは普通貨物自動車として登録され、今回紹介する4台はサイズ的に1ナンバーとなる。

車検は毎年になるが、自動車税が安いなど税制上のメリットもある。

着いた先で料理やベッドまで用意されているグランピングなんて邪道!なんて思う人にはぜひ検討してほしい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します