現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ

ここから本文です
コラム 2019.8.7

今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ
  • 今なら100万円以下で狙える! 絶滅危惧車のMDXは、“走れて映える”フルサイズ3列シートSUVだ

▲今回紹介するのはホンダ MDX。この車を知っている方は相当な車好きだろう

カナダ生まれのホンダ車

たった3年間しか輸入されなかった、ホンダMDXをご存じの方は結構な車好きだと思う。

2代目北米オデッセイ(日本名:ラグレイト)がベースのSUVだった。

開発はホンダR&Dアメリカズで、生産はカナダで行われていた北米市場向けの車だった。

北米でのデビューは2001年で、日本に輸入されたのは2003年のことだった。

この頃は世界的にSUVの台頭が目覚ましい頃だった。

かつてクロカンベースのSUVが主流だったが、この頃から乗用車ベースのSUVの投入に各社が躍起になっていた。

早い話、4WDでオフロードの走行性能も確保しながら、オンロードの走行性能が従来のSUVと比較すると劇的に高められてきた。

思い起こせばトヨタハリアーくらいからSUVは乗用車っぽい走りになり、BMWX5から高級車ブランドがこぞってSUVを投入するようになった。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します