現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!

ここから本文です
コラム 2019.8.6

初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!
  • 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!
  • 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!
  • 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!
  • 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!
  • 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!
  • 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!
  • 初代ミニクロスオーバーを買うなら、ナビの位置にご注意を!

▲今回見てきたのは2011年式のミニ ミニクロスオーバー。「ミニシリーズ」でありながら、5ドアで5人乗車という人気モデルだ。ミニ専門店iR(イール)の代表、綾部さんに話を聞いた

差し替えパーツで楽しめるのがミニの魅力

キュートで個性的なルックスが人気のミニ。

しかし、デビュー当時は3ドアハッチバックのみのラインナップで、ファミリーカーとしては選びにくい車種だった。

「その中で2011年に登場したクロスオーバーは、ミニ初の5ドアで『後席にドアが付いているミニが欲しかった』というファミリー層に人気です」

そう語るのは、東京都世田谷区で20年にわたりミニを専門に扱うiR(イール)の代表、綾部俊さん。

クロスオーバーSUVといっても、あまりアウトドアの匂いがしないのも特徴で、ガンガン使い倒された個体や目立った故障も少ないため、初めての輸入車、初めてのSUVとして選ばれることも多いそうだ。

ディーゼル車とガソリン車があるが、前者は100万円台前半から中盤くらいのお得な価格帯の物件も増えており、予算200万円まで用意すればかなり選択肢が豊富になるとのこと。

また、これはミニ全般にいえるが、アフターパーツが非常に豊富で、購入後に自分好みにカスタマイズする楽しみも大きいので、見た目重視の人にもピッタリなモデルだ。

今回は走行距離5万㎞以内の物件が多く集まる、総額200万円以内で狙えるミニクロスオーバーを実際にチェックしてみたぞ。

 今回見た車ミニミニクロスオーバー(初代)ハッチバックのミニよりも120㎜高い全高、シリーズ最大のボディサイズによる迫力あるスタイルが特徴。ミニの特徴を受け継ぎながらも、SUVらしい大きなウインドウと4枚のドアが備えられている。4WDもラインナップされているが、中古で流通する8割以上が2WD。2014年9月以降にはディーゼルモデルが登場した。

●総額/177.4万円

●年式/2011年式

●走行距離/4.4万km

●修復歴/なし

●乗車人数/5人

●エンジン/1.6Lガソリン

※2019年7月1日時点の情報

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します