現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選
  • スカイライン 400Rの登場で再び馬力に注目が集まる!? 400psオーバーのハイパフォーマンスセダン3選

▲ISをベースに、スポーティなチューニングを施したIS F

セダンの居住性も手に入れた“M3”BMW M3セダン(初代)

日常からサーキットまでこなすBMWのハイパフォーマンスモデル“M”。その中でも、同社の主力モデルのミドルサイズセダン「3シリーズ」をベースにしているのがM3だ。

3シリーズにはクーペとカブリオレ、そしてセダンが存在するが、2007年にクーペのM3が登場し、翌年にセダンモデルが追加された。

通常の3シリーズとは異なり、フロントまわりにはクーペのデザインが踏襲されているのが特徴だ。

高いトラクション性能を発揮するバリアブルMディファレンシャルロック、高度な操縦安定性を確保するダイナミックスタビリティコントロールなどが装備され、高い走行性能を発揮する。

搭載されるエンジンは、最高出力420psを発生する4LV8NA。クーペより0.1秒遅いものの、0-100km/h加速は4.8秒を誇る。

組み合わされるミッションは6MT、そしてMDCTDrivelogicというF1テクノロジーに基づいて開発されたミッションの2種類。後者はドライブ・モードを選択すれば、従来のATのように自動でギアチェンジを行ってくれる。

中古車価格帯は、250万~510万円くらい。1psあたりで計算すると6000円くらいになる。ただしセダンはクーペモデルに比べ、流通台数が少ないので根気よく探してみてほしい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します