現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV

▲写真はデビュー当時のものだが2015年、2018年にそれぞれフロントマスクが変更されている。衝突被害軽減ブレーキを含む先進安全技術はデビュー時から一部グレードに標準装備

2.4Lと3.5Lという余裕のエンジンパワートヨタ ヴァンガード(初代)

2007年に登場したトヨタヴァンガード。当時のRAV4と兄弟車だが、RAV4にはない3列目シート仕様を用意したことが差別化ポイントのひとつだった。

他にもRAV4と同じ2.4Lだけではなく3.5Lエンジン搭載車も用意したことや、登場時には全車4WDとしたこともRAV4と違う点だ。(翌2008年には2.4L+2WDモデルも追加された)

4WDは、走行状況に応じて前後輪に駆動力を自動配分することで燃費の向上を図る。またステアリングやブレーキも協調制御することで、滑りやすい路面での安定性を高める機能が備わっている。

さらに3.5L車は4WDLOCKモードが備わっているので、砂地でのスタックやぬかるみからの脱出時などに便利だ。

原稿執筆時点では、2.4Lエンジンを搭載したモデルのが圧倒的に多いが、ほとんどの物件が支払総額200万円以内で選べる。走行距離10万km超なら総額100万円以下で見つけられることも!

文/ぴえいる、写真/日産、三菱、トヨタ

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • osa*****|2019/07/22 17:34

    違反報告

    いや、ミニバンはスライドドアだから選んでるひとが多いよな。
    いくら3列シートがあってもヒンジドアではミニバン購入層にはグッとこないよね。
  • tak*****|2019/07/22 18:54

    違反報告

    頭わるい記事だな
    SUVなら悪路に強い
    家族で悪路のあるところに何人がいくんだよ?
  • one*****|2019/07/22 19:23

    違反報告

    言いたいことはわかるが、やっぱいスライドドアは便利だよ。

    確かにスライドドアミニバンの多くの車種は、運転は楽しくないし、多くの人が乗っていて所有する満足感も低いし、所帯じみているが、

    家族のために自己犠牲することこそ家長の役目ではないかな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します