現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV
  • 「ミニバンの3列目って年に何回使うんだろう?」って思ったら要チェック! 総額200万円で高年式・低走行物件が見つかる3列シートSUV

▲衝突被害軽減ブレーキなど先進安全技術は、デビュー時は一部グレードのみだったが、2015年のマイナーチェンジで全車に標準装備された

防水シートなどアウトドアライフに便利なSUV日産 エクストレイル(3代目)

初代、2代目とアウトドアでガンガン使われることを想定して開発された日産エクストレイル。2013年に登場した3代目の現行型には3列シート仕様も用意された。

同車のウリのひとつである防水シート&フロア&ラゲージは、3列シート仕様車でも変わらない。5人乗り仕様の2WD車に備わる、ラゲージの手前と奥を仕切れるラゲージボードはないが、ラゲージネットなど他のグッズで十分ラゲージの使い勝手を高めることができる。

ただし、2015年に追加されたハイブリッドモデルには3列シート仕様は用意されておらず、すべて2LエンジンにCVTの組み合わせとなる。

全車に荒れた道での乗り心地と安全性を高めるアクティブライドコントロールが装備され、ブレーキ操作の負担軽減やコーナリング時の挙動コントロール性のアップなど、最新のシャシー制御技術が備えられている。

2014年式以前のモデルなら支払総額約130万円から見つかるが、2015年式以降の衝突被害軽減ブレーキ装備車も走行距離5万km未満、総額200万円で狙えるのでオススメだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • osa*****|2019/07/22 17:34

    違反報告

    いや、ミニバンはスライドドアだから選んでるひとが多いよな。
    いくら3列シートがあってもヒンジドアではミニバン購入層にはグッとこないよね。
  • tak*****|2019/07/22 18:54

    違反報告

    頭わるい記事だな
    SUVなら悪路に強い
    家族で悪路のあるところに何人がいくんだよ?
  • one*****|2019/07/22 19:23

    違反報告

    言いたいことはわかるが、やっぱいスライドドアは便利だよ。

    確かにスライドドアミニバンの多くの車種は、運転は楽しくないし、多くの人が乗っていて所有する満足感も低いし、所帯じみているが、

    家族のために自己犠牲することこそ家長の役目ではないかな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します