現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > メルセデス・べンツ Cクラス|タイミングが良ければC200CGIブルーエフィシェンシーも狙える【予算100万円ならコレが買い】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・べンツ Cクラス|タイミングが良ければC200CGIブルーエフィシェンシーも狙える【予算100万円ならコレが買い】
  • メルセデス・べンツ Cクラス|タイミングが良ければC200CGIブルーエフィシェンシーも狙える【予算100万円ならコレが買い】
  • メルセデス・べンツ Cクラス|タイミングが良ければC200CGIブルーエフィシェンシーも狙える【予算100万円ならコレが買い】
  • メルセデス・べンツ Cクラス|タイミングが良ければC200CGIブルーエフィシェンシーも狙える【予算100万円ならコレが買い】
  • メルセデス・べンツ Cクラス|タイミングが良ければC200CGIブルーエフィシェンシーも狙える【予算100万円ならコレが買い】
  • メルセデス・べンツ Cクラス|タイミングが良ければC200CGIブルーエフィシェンシーも狙える【予算100万円ならコレが買い】

▲今回紹介オススメするのはW204と呼ばれる3代目。写真は高級感ある仕様のエレガンス

選びやすさ優先なC200コンプレッサーが第一候補

中でも注目は、2007年6月~2014年6月に生産されたシリーズ3代目(W204)だ。

W204の中古車流通量はおよそ350台。そのうち、スポーティさを強調したアバンギャルドが7割を占めており、ラグジュアリーさを強調したエレガンスと標準系は少数派となる。

グレード別では、1.8Lスーパーチャージャーエンジンを搭載した前期型C200コンプレッサーが最多で、2011年5月のマイナーチェンジ以降のC200ブルーエフィシェンシー、C180&C180ブルーエフィシェンシーが続く。

予算100万円圏内に絞って見ると、やはりC200コンプレッサーのアバンギャルド仕様の流通量が多く、同じくエレガンス仕様も比較的目に付く。

いずれも10年落ち以上となるが走行距離5万km以下の物件が多いので、年式にこだわらないなら第一候補としてオススメだ。

より高いバリューを目指すなら、1.8L4気筒ガソリン直噴ターボエンジンを搭載したC200CGIブルーエフィシェンシーのアバンギャルド仕様に注目。

選択肢はめっきり少なくなるが、タイミングが良ければ走行距離5万km前後の物件を見つけることができる。

文/中野剛、写真/尾形和美、向後一宏

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mid*****|2019/06/27 12:54

    違反報告

    最近のベンツは昔のベンツと違って古くなったら古く見えるぞ。
  • vmd*****|2019/06/27 21:27

    違反報告

    タマによってはそろそろパーツ交換の時期だろう
    そのあたりのコストについても次回は教えて頂きたい
  • kag*****|2019/06/28 00:53

    違反報告

    走行距離なんてインチキやり放題。事情通より

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します