現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 高齢者のペダル踏み間違い事故はなぜ起きるのか。実は他人事じゃない身体のメカニズム

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者のペダル踏み間違い事故はなぜ起きるのか。実は他人事じゃない身体のメカニズム
  • 高齢者のペダル踏み間違い事故はなぜ起きるのか。実は他人事じゃない身体のメカニズム
  • 高齢者のペダル踏み間違い事故はなぜ起きるのか。実は他人事じゃない身体のメカニズム
  • 高齢者のペダル踏み間違い事故はなぜ起きるのか。実は他人事じゃない身体のメカニズム

※交通事故総合分析センター イタルダインフォメーションNo.124より引用

ペダルを踏み間違える原因は身体が硬くなること

駐車する時は、バックをしたり、後ろを確認したり、窓から乗り出して清算機を操作したりします。この時、上半身に引っ張られて下半身の向きも変わります。

高齢者はもともと大腿部の開き角が大きく、足先も外側に開き気味になります(図12、13)。さらに身体や関節が硬くなっているので、下半身が上半身の向きに引っ張られる度合いも大きくなります。


※交通事故総合分析センター イタルダインフォメーションNo.124より引用

ブレーキペダルの上にあった右足が、後ろや横を向いた拍子に右側のアクセルペダルに移動し、姿勢が崩れたままの状態でブレーキを踏もうとすると、アクセルペダルを踏み込んでしまう、というわけです。

まとめ:自分や家族のペダル操作も確認しておこう

レポートは“高齢者に特有の身体機能の低下”という視点でまとめられていますが、足の開き方やペダル操作のクセなどは、年齢以外の個人差もありそうです。また、最近でこそ“事故が起きにくいペダル配置”を売りにしたクルマが増えつつありますが、コンパクトカーや軽自動車は一般的にアクセルペダルとブレーキペダルが非常に接近しているケースが多いもの。現実には、無意識のうちに踏み間違えそうになっている予備軍は多いと思われます。

というわけで時間のあるときに、自分の足とペダルの位置関係を確認して、必要なら修正を試みてはいかがでしょうか。まっすぐ前を向いてシートポジションを調整した後、自然に伸ばした右足がきちんとブレーキペダルの上にあるか、ペダルの右端に寄っていないか、今にもアクセルペダルに触れそうじゃないか。後ろを振り向いたときや、ペダルを踏み替えたときはどうか? もちろん、高齢者のご家族がいるなら、実際に座ってもらって確認してみると良さそうです。

また、右足の基本ポジションは、かかとを床につけ自然に足をまっすぐ伸ばしたときにブレーキペダルの真ん中が踏める位置。アクセルペダルを踏むときは、かかとを支点にして足先を右に傾けるように踏むことで、ペダルの踏み間違えの防止をすることができますよ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • som*****|2019/06/27 12:17

    違反報告

    踏み間違いが問題なのもあるけど、
    踏み間違えたことに気づかなかったり、気付いたとしても反応できないのが怖いわな。
    そんな人らは、運転手のとしての資格なんてないから、免許持ってたらあかん。
  • jj3*****|2019/06/27 14:37

    違反報告

    精算機で駐車券を入れたり、料金を支払うときには必ずシフトレバーをPに入れます。
    精算機が斜めに設置されていたりして、車体と離れてしまう場合もありますが、その際には必ず下車して。
    その場合でも後ろから文句いわれたことはありません。
    無理は禁物。
  • zgm*****|2019/06/27 12:33

    違反報告

    加速=踏む、減速=踏む
    という操作体系がそもそもおかしい
    他の乗り物でこんなの無いでしょ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します