現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?
  • 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?
  • 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?
  • 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?
  • 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?
  • 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?
  • 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?
  • 新型トヨタ RAV4の登場で3代目の旧型RAV4が狙い目に! 高年式・低走行の良質物件が出てくるかも?

▲こちらが新型RAV4。旧型に比べて角が立ったボディデザインになりました

注目すべき理由の前に旧型RAV4はどんな車なのか?

「なんで旧型に注目すべきなのか?」その理由を説明する前に、旧型RAV4はどんな車だったのか振り返ってみます。

1994年に初代がデビューしたRAV4。今回登場した新型から数えてひとつ古い世代にあたる旧型は3代目。2005~2016年まで生産されていました。

ボディサイズは、全幅が新型と同じ1860mm(グレードによりもう少し狭い)で、全長はちょっと短い4340mm。

この旧型がデビューした当時は「メチャクチャ大きいSUV」という印象がありましたが、現代においてはもはや「よくあるサイズ」ですね。ちなみに同社SUVの現行型ハリアーは全幅1840mm、全長は4730mmです。

搭載されるエンジンは170psを発生する2.4L直列4気筒。駆動方式は2WDと4WDの2タイプでした。

4WDのシステムは、電子制御式。旧型といえど、路面状況を選ばず安定した走破性をもっています。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pir*****|2019/06/10 19:26

    違反報告

    3代目をこれから買うのはやめたほうがいい・・・

    2.4L 直4は2AZ-FEエンジン
    圧縮比を無理に上げて170psにしたがオイル上りが起き、エンジンオイル異常消費が発生する。
    登録から9年間、無償交換になっているが切れている車両もある。
    いつ起きるか分からないし中古車だからもうすでに発症してる個体もある可能性も。
    おえてリスクおって買うのはオススメしないな。
    コンパクトなSUVだったらラッシュ・ビーゴ・シエラをお勧めする。
  • kai*****|2019/06/10 20:44

    違反報告

    2AZエンジン車は買わない方がいいぞ。
  • yt3*****|2019/06/10 18:09

    違反報告

    初代を知ってるだけに
    4代目も肥大化してもうコンパクトSUVのRAV4じゃあない
    と思っていたのだが、前のRAV4を見て、現行車が売れているのが分かった。

    売れなかった2,3代目が大人しいカッコだったのに対して、
    4代目には、初代やスズキハスラーにも通じる「粋」や「活き」「洒落」というような雰囲気を感じる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します