現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!

▲衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能といった先進安全技術、下記ワゴンRと同じマイルドハイブリッド機能は一部グレード(A)を除くCVT車に全車標準装備。安全性や燃費の良さを求めるなら装備の有無を確認しよう

テッパン人気の王道車ゆえ、下取り額も期待できる!?スズキ ワゴンR

いつの代もたいてい人気ベスト3に顔を出すなど、王道の人気軽自動車といえるワゴンR。

6代目となる現行型ワゴンRは2017年に登場した。現行型も代々受け継がれている使い勝手の良さが隅々まで徹底されている。

例えば後席を倒してラゲージを広げる場合、段差ができる車もあるが、ワゴンRは真っ平らになる。また代々コンビニ袋を引っ掛けるフックや助手席下の小物入れなどは用意されていたが、これらは当然現行型にも引き継がれている。

さらに、マイルドハイブリッドシステムを搭載するモデルを用意。燃費の向上はもちろんだが、アクセルを踏み込めばモーターがアシストしてくれるので、力強く加速してくれる。

衝突被害軽減ブレーキを含む先進安全機能もある。その他、軽自動車初となるヘッドアップディスプレイなど、従来の良い点はさらに伸ばし、最新技術も追加。だから人気が高いというわけだ。

原稿執筆時点でハイブリッドモデルは、走行距離1万km未満でも支払総額約85万円から狙える。スポーティモデルのスティングレーは総額約110万円からとなる。

今回紹介した3車は現在も人気で、今後の人気も底堅いと思われる軽自動車を紹介した。

もちろんこれ以外にも人気車種はあるし、今回紹介した3台より将来は人気が高くなる、なんて車もあるかもしれない。

こればかりはあくまで予想でしかないけれど、少なくともこの3台なら上記のとおり機能や性能が充実してて、初めてのカーライフを満喫できることだけは確かだ。

文/ぴえいる、写真/ホンダ、スズキ、尾形和美

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します