現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!
  • 初めての1台に軽自動車を選ぶなら、リセールバリューにも注目しよう!

▲前席は左右のシートが一体となるベンチシート仕様の他、写真のようにセパレートとなるスーパースライドシート仕様がある

アウトドアも充実させたいなら、手頃になった今が狙い目!?スズキ ハスラー

トヨタC-HRやホンダヴェゼルといったSUVが人気の割に、軽自動車にはまだあまりSUVがない。その要望を一手に取り込んでいるのが2014年に登場したスズキハスラーかもしれない。

本格派オフローダーのジムニーを擁するスズキゆえ、SUVルックはダテじゃない。

大きな岩が転がっている河原や、雪が積もる道でも腹をすらないよう、最低地上高180mm(4WD車は175mm)を確保。

4WD車には滑りやすい急な下り坂でも自動で安心して降りられるヒルディセントコントロールや、滑りやすい路面で車の発進を安定させるグリップコントロールを用意している。

また専用タープや、車内にアウトドアグッズを載せるためのオプションアイテムもたくさんある。中古車を買っても現行型ゆえディーラーで手に入るので、アウトドアを楽しみやすい1台だ。

登場して5年目ということもあり、他の2台と比べて手頃感がある。原稿執筆時点で2WD車なら走行距離5万km未満・修復歴なしで、衝突被害軽減ブレーキ付きが総額約86万円から見つけることができる。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します