現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと

ここから本文です
コラム 2019.6.12 レポート:小沢 コージ / 写真:小沢 コージ

3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと
  • 3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと
  • 3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと
  • 3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと
  • 3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと
  • 3000億円の価値があるのか? トヨタが作った日本版ニュルを見て思うこと

それは総工費3000億円とも言われる超大型プロジェクト

愛知に日本版ニュルが! とネットで話題の新テストコース「トヨタテクニカルセンター下山」に行ってまいりました。総敷地面積650万平方メートル、総工費3000億円とも言われる超大型プロジェクトで、かつてない超本格的テストコースがトヨタ本社研究所から30分以内の場所にできたというのが最大のミソ。

日頃の研究開発の中で、試作車の走りをトコトン確かめることができる。言わば勉強部屋の隣に、本格的なテストルーム&筋トレルームができたイメージでしょうか。もたらすプラス効果は簡単には言い表せませんが、今まで狭い研究所のテストコース、もしくは遠い静岡や北海道のテストコースでしか試せなかった本格的な味見を近くでできるようになったのです。

具体的に試作車のテストと言っても、普通の道ではせいぜい数10km/h以下での急制動や急加速ぐらいしか試せません。あるいはデコボコ道の乗り心地など。しかし現実にはクルマはさまざまな天候下でさまざまな路面の上を走り、ときに100km/h以上での複合コーナリングやダブルレーンチェンジ、急制動、視界の悪いところでの急操作などいろいろ試されるわけです。

英語のスキルに例えるなら、中学高校でいくら文法を学び、英単語を覚え、日本人英語教師と話しても実際に海外で使えるのかわかりません。やはり人種のるつぼニューヨーク、あるいは多ヶ国語が使われる欧州やASEANで使ってみないと。テクニカルセンター下山はいわばそういった「本当に使えるクルマの性能」を素早く確かめるために存在するのです。

※2019年6月27日。記事中に編集側の作業による(執筆者ではなく)誤りがございました。お詫びして修正致します。
=====
「…普通の道ではせいぜい10km/h以下での…」→「普通の道ではせいぜい数10km/h以下での…」
=====

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します