現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた

▲車にはAC電源があったので、そこへと接続しました

音楽の再生だけでなく、天気やニュースも呼びかけるだけで知ることができる

ということで、早速、車に設置して試してみました。『EchoDot』はバッテリーを内蔵していないので、電源とつなぐ必要があります。ちなみに、電源はマイクロUSBです。

 ネックは、『EchoDot』を利用するためにはWi-Fi環境が必要なこと。筆者は、スマートフォンのテザリングを利用しましたが、ギガ不足が気になる人は使い放題プランのあるポケットWi-Fiなどを検討してもいいでしょう。

設定自体は、スマホにインストールした『Alexaアプリ』で行います。基本的には画面の指示に従うだけなので、スマホの操作に慣れていれば難しいことはありません。

実際に使用すると、声だけで操作できるのはかなり便利。特に、『AmazonMusicUnlimited』に加入していれば、曲名やミュージシャン名に加えて、「ドライブにピッタリな曲」とか「テンションが上がる曲」などという指定で曲を再生できます。

もちろん、外部スピーカーとしても利用できるので、スマホとBluetoothで接続して、保存している音楽を聴くこともできます。

また、音楽以外でも「スキル」と呼ばれるアプリのような拡張機能を利用可能。その数は2000以上で、例えば、天気予報やニュースのスキルをインストールしておけば「Alexa、今日の天気は」とか「今日のニュースは」と話しかけるだけで、情報を得ることができます。

朝の通勤で車を利用している人にとっては、便利かもしれません。

難点もあります。それは、音声の誤認識。ロードノイズや風切り音が激しいと、認識がうまくいかないことがあります。

そもそも、室内での利用を想定しているので仕方がないところでしょう。

ただ、アメリカでは、自動車用の『Echo』として『EchoAuto』も登場しており、そのあたりが改善されているとのことなので、日本での発売も待たれます。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hir*****|2019/06/06 07:32

    違反報告

    取り付けヘマするとtrip落ちるぞ、運転中に頭にガツンとか事故の要因。
    サンバイザーの上げ下げも危険満載。
    5000円程度の安いコアキシャルスピーカーでも用品店で付けてもらった方がマシ。
  • tat*****|2019/06/12 13:57

    違反報告

    2-3万で1DINオーディオとスピーカー変えた方が満足度も安全性も高そうだけど…
  • tos*****|2019/06/13 00:01

    違反報告

    「古すぎる」と思うなら最新のに交換すればいいじゃない、オーディオくらいなら自分でも交換できるし別に高級品じゃなくて安価(5000円~10000円位の)なオーディオでも自分で交換すれば結構愛着が出ますよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します