現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた
  • 中古車のオーディオが古すぎる問題。スマートスピーカーとBluetoothスピーカーで解決してみた

▲定期的にセールが行われ、約半額で買えることもあります。そして、コンパクトなサイズ。43x 99x 99mmで車内に設置しても邪魔になりません

スマートスピーカーで中古車をAI化してみる

スマートスピーカーとは、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能をもつスピーカー。「○○の曲をかけて」と話しかけて音楽を再生することができ、他にも、天気予報や株価、ニュースなどを聞くことも可能です。

2017年後半に、Googleの『GoogleHome』とLINEの『ClovaWAVE』、Amazonの『AmazonEchoシリーズ』が発売され、徐々に普及しつつあります。

そんな複数のスマートスピーカーから筆者が選んだのは、『AmazonEchoシリーズ』のひとつ『EchoDot』。「Alexa」というAIを搭載し、「Alexa、○○」と話しかけて作動させます。

この「Alexa」、BMWやMINIに搭載されたり、トヨタも搭載を検討したりするなど、すでに自動車メーカーから熱い視線を集めています。

『EchoDot』を選んだ理由は、「Alexa」の搭載だけではありません。ひとつは、5980円というお手軽な価格にあります。

 そして、かなりの割合を占めていたのが、Amazonの定額制音楽配信サービス『AmazonMusicUnlimited』の会員だから。

『EchoDot』は普通のスピーカーとしても使えますが、『AmazonMusicUnlimited』または『Amazonプライム』の会員特典である「AmazonMusic」なら「Alexa○○の曲をかけて」と話しかけるだけで、再生が始まります。

これは、運転中にはありがたい機能です。アメリカでは、Appleの定額制音楽配信サービス『AppleMusic』にも対応しているので、日本に導入された暁には、さらに便利になることでしょう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hir*****|2019/06/06 07:32

    違反報告

    取り付けヘマするとtrip落ちるぞ、運転中に頭にガツンとか事故の要因。
    サンバイザーの上げ下げも危険満載。
    5000円程度の安いコアキシャルスピーカーでも用品店で付けてもらった方がマシ。
  • tat*****|2019/06/12 13:57

    違反報告

    2-3万で1DINオーディオとスピーカー変えた方が満足度も安全性も高そうだけど…
  • tos*****|2019/06/13 00:01

    違反報告

    「古すぎる」と思うなら最新のに交換すればいいじゃない、オーディオくらいなら自分でも交換できるし別に高級品じゃなくて安価(5000円~10000円位の)なオーディオでも自分で交換すれば結構愛着が出ますよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します