現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】

ここから本文です
コラム 2019.5.31

三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】
  • 三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】
  • 三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】
  • 三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】
  • 三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】
  • 三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】
  • 三菱 デリカD:5|SUV系? 迫力系? どちらのテイストも射程圏内!【予算100万円ならコレが買い】

▲唯一無二の個性をもつミニバンの三菱 デリカD:5。総額100万円の狙い目条件をご紹介

オフロードに強いミニバンという個性が光る

トラックベースの1BOXカーとして1968年に誕生したデリカ。

初代のデリカコーチに続き、1979年に登場した2代目となるデリカスターワゴンには、人気SUVのパジェロと同じ4WD機構を搭載したモデルが設定された(1982年)。

これ以降、オフロードにも強いミニバンというキャラクターが定着。

シリーズを重ねるごとにそのキャラは強化され、5代目となる現行型に至っている。

2007年1月に登場した現行型は、デリカ伝統の高い4WD性能に加え、リブボーンフレームと名付けられた環状骨格構造を採用し、高い乗員保護性能を獲得。

外観デザインは直線基調となり、シャープな印象を強めている。

また、昨年11月に行われたビッグマイナーチェンジでは、大胆なデザイン変更で話題を呼んだ。

このビッグマイナーチェンジの影響か、現行型の前期型の流通量が増加し、予算100万円圏内の物件の充実度がアップ。

ここへ来て相場下落も進み選びやすい状況になりつつある。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • one*****|2019/07/22 19:54

    違反報告

    意外にもアル/ヴェルよりも低い値落ち率。

    アンダー100万円で満足度高しグレードとなると、ガソリン2.4L 4WD「Gプレミアム」一択でしょう。

    後席モニターやロックフォードサウンドがついていると嬉しいですね。

    サンルーフ付きは意外に少ないのでこだわらない方がいいと思います。

    ミッションが弱いので注意してね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します