現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選

ここから本文です
コラム 2019.5.22

【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選
  • 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選
  • 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選
  • 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選
  • 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選
  • 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選
  • 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選
  • 【予算200万円で狙う】メタルトップの4人乗りオープンカー3選

▲安全で遮音性も高いメタルトップのオープンカー。今回は、総額200万円以下から購入できるモデルを3台紹介する

いたずらの心配もないオープンカー

上着が不要な気温になってきた。春から初夏にかけてはオープンカーが最も楽しくなる季節だ。屋根を開ければ木々の緑が頭上を駆け抜け、鳥のさえずりが耳に飛び込み、エアコン不要の心地よい風が頬をなでる。

オープンカーは布やビニール製のソフトトップが一般的だが、金属製の屋根(メタルトップ)を採用しているモデルも少なくない。特に1997年に日本デビューしたメルセデス・ベンツの初代SLKのヒットをきっかけに、メタルトップのオープンカーが続々登場した。

布などと違って切り裂かれるいたずらの心配がないから青空駐車場でも安心だ。また一般的に布より金属の方が耐久性・耐候性は高いから、中古車で探した際に屋根だけ色あせているなんてこともない。

閉めれば遮音性もクーペとほぼ同等になるから、車内の会話もスムーズだ。オープンカーではなく「屋根の開くクーペ」という言い方がピッタリくる。

ちなみにメタルトップのデメリットとしては、オープンにするとメタルトップがラゲージに収納されるため、ラゲージ容量が小さくなること。4人で出かけることが多いなら購入時にどれくらいの容量になるのか確認するといい。

SLKは2人乗りだが、4人乗りモデルもたくさんある。視界がグッと広がることで仲間との会話も弾むだろうし、家族なら子供たちの笑顔も増えるはずだ。

そんな「屋根の開くクーペ」。今回は、総額200万円以下から探せる3台を紹介しよう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oss*****|2019/05/22 12:52

    違反報告

    乗ってますよ!イオス。
    新車で買って12年、12万キロ。大きな故障もなく未だ現役、元気に走っています。
    シロッコと同じく前半分がゴルフ、後ろ半分がパサートのモジュールを使っているため、FFのくせにリヤトレッドが広く安定感のあるスタイルです。
    2リットルはGTIと同じエンジンとミッションのため走りは快活そのもの。クローズドではアンダーですが、オープンにすると重いルーフがトランクルームに入るため全く異なるドライブフィールになります。コンピュータチューニングで280ps程度に上げた今では少々じゃじゃ馬ですが楽しい車です。
    いま中古は安いです。メンテナンス代をちゃんと確保すれば丈夫なVW車ですから結構楽しめますよ。
  • y00*****|2019/05/22 14:13

    違反報告

    EOSは雨漏れのケースが多いとの事で購入を断念しました。
    今思えばIS-Cの方がよかったのかな?と。
  • dow*****|2019/05/22 19:44

    違反報告

    もうこの気温で乗るのは地獄だけどな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します