現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる

ここから本文です
コラム 2019.5.17 レポート:諸星 陽一

高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる
  • 高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる
  • 高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる
  • 高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる
  • 高齢ドライバーに多いのは対人ではなく単独事故。データーに基づいた分析や報道が望まれる

※資料:警察庁交通局

高齢者と若者ドライバーの死亡事故は確かに多い

高齢者が関係する交通事故がテレビのニュースやワイドショーで多く取り上げられています。はたして高齢者の事故がどれくらいの頻度で起きているのか? データを調べてみました。参考にしたのは警察庁交通局の発行した「平成29年における交通死亡事故の特徴等について」という資料です。

この資料のなかに「高齢運転者による死亡事故に係る分析について」という項目があります。免許人口10万人あたりに対する年齢層別の死亡事故件数というデータを見ると85歳以上が14.6人と非常に多く、80~84歳が9.2人、75~79歳が5.7人と75歳を過ぎると多くなる傾向が見られます。また16~19歳も11.4人と多くなっています。このデータだけを見る限り、なるほどたしかに高齢者だけでなく、未熟と言える若年層の事故も多いのだとわかります。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • spr*****|2019/05/17 07:21

    違反報告

    擦り傷を放置している自家用車が激増している。
    これには想像を絶する意味がある。
    近寄らない、関わらないのがいちばん。
  • s51*****|2019/05/17 07:48

    違反報告

    老人はデータに残らない迷惑運転もとても多い。信号が青なのに停止したり、右折車線があるのに直進車線で右折待ちをしたり、矢印信号や常時左折可の標識が見えてなかったり、制限速度より遥かに遅いノロノロ運転で大行列を作ったりとこのくらいのことはすぐに思い出すしまだまだある。高齢者講習がしっかり機能するものであったならこんなことをやる老人などいない筈なのだけどな。
  • too*****|2019/05/17 07:21

    違反報告

    対人であれ対物であれ、事故は事故
    このコラム
    何が言いたいのか?
    擁護したかったのか・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します