現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 50万円以下と手頃な今のうちに手に入れたい、チョイ古で個性あふれる人気の軽自動車3選

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
50万円以下と手頃な今のうちに手に入れたい、チョイ古で個性あふれる人気の軽自動車3選
  • 50万円以下と手頃な今のうちに手に入れたい、チョイ古で個性あふれる人気の軽自動車3選
  • 50万円以下と手頃な今のうちに手に入れたい、チョイ古で個性あふれる人気の軽自動車3選
  • 50万円以下と手頃な今のうちに手に入れたい、チョイ古で個性あふれる人気の軽自動車3選
  • 50万円以下と手頃な今のうちに手に入れたい、チョイ古で個性あふれる人気の軽自動車3選

【ホンダ Z】

独自のミッドシップ+4WDを採用した軽SUV

【ホンダZ】スバルサンバーが「農道のポルシェ」なら、ホンダZはさしずめ「路地裏のランボルギーニ」といったところか。

近年のランボルギーニ車同様、ミッドシップ+4WDというプラットフォームをもつ軽自動車だ。

前後重量配分が50:50のためハンドリングの評価が高かった。

ミッドシップだからフロントのボンネットには収納スペースと、スペアタイヤが収まる。

前後シートがフルフラットにできるなどシートアレンジも豊富だ

エンジンはターボのみ、4WDシステムは通常は2WDで走り、車が滑り出すと4WDとなる。

最低地上高は195mmで、軽自動車としては大径の15インチタイヤを履くのであるので、積雪路や未舗装路も安心して走れる。

3ドアで4WDのみ、しかも4WDだから重いこともあり燃費でライバルたちに見劣りしたためか、わずか約3年の短命に終わった。

それでも中古車の台数は現時点で50台以上あり、平均価格は20.5万円と手頃に選べる。

昨年ランボルギーニから発売されたSUV・ウルスは、ウラカンやアヴェエンタドールとは違い、エンジンをフロントのボンネットに収めた。

そう考えるとミッドシップ+4WDで、さらにSUVなんていう車はもう二度と出ないんじゃないだろうか。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します