現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV

スズキ イグニス/本体価格100万円以下でも2018年式・1000km未満という新車の香りがしそうな中古車も選べる

キャンプなどアウトドアライフを満喫したい人向き【三菱 RVR】

三菱RVR/本体価格100万円以下の場合、半数近くが4WDモデル。2015年のマイナーチェンジ前のモデルがほとんどだラゲージ床下には防水加工されたボックスもあるから、濡れたものをしまえる通勤・通学の足だけでなく、休日のアウトドラライフも充実させる車が欲しいなら、RVRの4WD車がオススメだ。

ラゲージ容量は419Lとキャンプ道具やゴルフバッグを積むには十分なサイズ。

1.8LにCVTの組みあわせで、2WDと4WD車がある。ちなみに同社にはほぼ同じサイズの新型SUVエクリプスクロスがあるが、そちらの方はランサーエボリューション由来の4WDシステムで、RVRの方はパジェロやD:5譲りの4WDシステムだ。

エクリプスクロスのような左右のトルク配分やブレーキ制御という凝った技はないが、走行や路面状況に合わせて前後のトルク配分を行ってくれるので、スポーツ走行を楽しむのでなければ十分な性能だ。

本体価格100万円以下でもこの4WDモデルを十分に選べるので頼もしい存在だ。

そして、4WD車を選んでも2WDで走る低燃費走行モードをセレクトできるし、最低地上高も195mmとエクリプスクロスの175mmよりも高い(ちなみに先に紹介したジュークは170mm、イグニスは180mm)ので、河原でキャンプを楽しみたい人にとっては便利な車だ。

本体価格100万円以下でもいろいろな特徴をもつコンパクトSUVを選べる。自分に合った「初めての1台」を探してみよう。

 文/ぴえいる、写真/日産、スズキ、三菱

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します