現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV
  • 今ドキの「初めての1台」には本体価格100万円以下の国産コンパクトSUV

バイクのタンクをイメージしたセンターコンソールなど、インテリアの内装も凝っている

ハイブリッドだから毎日乗っても財布に優しい【スズキ イグニス】

スズキイグニス/本体価格100万円以下でも2018年式・1000km未満という新車の香りがしそうな中古車も選べるAppleCarPlayに対応した純正カーナビ装着モデルも選べる毎日使いたいから燃費も大切、ならイグニスはどうだろう。

トヨタアクアのようなハイブリッドシステムではないが、発進時などエンジンがガソリンを消費しがちな場面で、モーターがアシストしてくれるマイルドハイブリッドを搭載。JC08モードで28.8km/L(2WD)と軽自動車と比べても遜色ない数値だ。

全長3700mmというサイズや最小回転半径4.7mという小回りの良さは軽自動車なみだから取り回しやすい。

さらにオプションの「デュアルカメラブレーキサポート」付きを選べば、いわゆる自動ブレーキ機能も備わるから初めてのカーライフも安心だ。

エンジンは1.2Lと小排気量だけど、先ほどのモーターが今度は加速をアシストするから走りも力強い。また雪の降る地域なら4WD車がオススメだ。

雪の坂道を安心して下れる「ヒルディセントコントロール」機能や、スリップした際に瞬時に四輪の駆動力を適切に切り替える「グリップコントロール」が備わっている。

そして、本体価格100万円以下の物件の中には、1年落ちで走行距離1000km未満という新車のような個体を狙えるのも魅力だ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します