現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】

ここから本文です
コラム 2019.4.18

ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】
  • ホンダ オデッセイ|走行距離7万kmを目安にバリュー物件を狙う【予算100万円ならコレが買い】

▲スポーティミニバンとして一世を風靡したホンダ オデッセイ。低床・低重心パッケージにより、優れた走行性能やスタイリングをもつ。今回は100万円以下の狙い目条件をご紹介する

スポーツ路線を追求し独自の進化を遂げたミニバン

90年代に巻き起こったミニバンブーム。その火付け役となったのが1994年10月~1999年11月に生産された初代ホンダオデッセイだ。

当時アメリカで人気だった広い室内とセダンライクな乗り心地を備えたミニバンを手本に開発された初代は、商用車風味の濃い従来のワンボックスカーとの差別化をはかるべく、スライドドアではなくヒンジドアを採用。

以降、世代を経るごとに低重心化を推し進め、スポーティな乗り味を強調したミニバンとして独自の進化を遂げた。

特に低重心化に大きく踏み込んだシリーズ3代目(2003年10月~2008年9月)は、大ヒットを記録。

走行性能を高める専用パーツが数多く奢られたスポーツグレード「アブソルート」は、幅広い世代から多くのファンを獲得し、オデッセイブランドを象徴する存在になった。

2013年11月に登場したシリーズ5代目となる現行型で初めてスライドドアを採用し、快適性と高級感を兼ね備えたプレミアム路線へと舵を切っている。

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します