現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C

ここから本文です
コラム 2019.3.26

『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C
  • 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C
  • 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C
  • 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C
  • 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C
  • 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C
  • 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C
  • 『ナニコレ!?』再現度高すぎ!! ロールスロイス仕様のクライスラー 300C

▲今回紹介するのは、2006年式のロールスロイス ゴースト……ではなく、クライスラー 300C。もはや300Cの面影は残っていない

このこだわりよう、半端ない……

車両本体価格585万円は決して安くないし、走行距離は不明。

ネガティブな要素を並べてみるも、気になってしょうがない車を見つけてしまった。

2006年式の『クライスラー300C』なのだが、パッと見『ロールスロイスゴースト』そのもの。

いやはや、よく出来ている。

『クライスラー300C』は『ベントレーコンチネンタルフライングスパー』や『ロールスロイスファントム』などのレプリカベースとして用いられていることは知っていた。ネット検索をしてみれば、すぐに出くわすだろう。

しかし、『ロールスロイスゴースト』に仕上げられているものはお初だ。

そして、この完成度は圧巻!一般的なレプリカは、さほど精巧には作られていない。

当該車両のフロントマスクやヘッドランプ、リアのトランクまわりなど「お見事!」の一言に尽きる。パッと見で「300Cだ」と言い当てられる人は少ないのでは?

さすがにリアドアはゴーストのような観音開きではないし、インテリアは300Cのまんま。

それでも異様な空気感を醸し出している。

しつこいようだが、車両価格585万円は安くない。

それでも写真を見るかぎり、お金をかけて作られたレプリカであることあるに違いない。

ワンオフで作られたボディキットなのか、“本物”のパーツを用いているのか、定かではない。

しかもドアミラーまでちゃんと交換されていることに、前オーナーのこだわりを感じる。

真面目な話、ここまで精巧に作るのであれば、中古車のゴーストを買った方がてっとり早いようにさえ思える……。

そういう意味では当該中古車、安いのかもしれない。

「ロールスロイスに乗るなんてすごいですねぇ」なんて周囲から言われるだろうが、サラッと「レプリカだよ!偽物!」と言える度量が求められるだろう。

見えを張るためのレプリカではなく、とことん突き詰めた大人の遊び心を感じさせる車だ……。

少しでも気になったら、すぐに在庫の有無をチェックしてみてほしい。

それにしても奥が深いぜ、中古車!

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/カーセンサーnet、ロールスロイス、奥隅圭之 

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します