現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!

ここから本文です
コラム 2019.3.8

30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!
  • 30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!
  • 30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!
  • 30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!
  • 30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!
  • 30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!
  • 30万円でお釣りが来ちゃう!? イメージカラーの初代ティアナが気になっちゃったので見てみた!

▲展示場の片隅にひっそりと並ぶ車の前で、フナタンは驚きの声を上げた

え!? この車が30万円以下で買えちゃうの??

日本ではすっかり不人気の烙印を押されてしまった感のあるセダン。

昔は高級車の代名詞でもあり、VIPが後席に乗るのもセダンと相場は決まっていました。

しかし、最近ではより広くて快適な空間であるミニバンにその座を奪われつつあり、企業のトップや政治家、一流芸能人などの多くが大型ミニバンで移動しているという事実があります。

しかし、セダンにしかないフォーマルな佇まいは、年齢を重ねるごとに「意外とアリかも……?」と思い出してしまうポイント。

特にアッパーミドルクラス以上のセダンからにじみ出る余裕感は、なかなかシブいところでもありますよね。

中でも2003年に登場した日産ティアナは、どちらかというと威圧感を与えがちな大型セダンにあって柔和なイメージのエクステリアをもった車種。

カタログの表紙となったモデルも、爽やかな印象のファウンテンブルーパールメタリックにベージュ系の内装をまとったものでした。

また内装には『モダンリビングを思わせる品格あるインテリア』をテーマに、落ち着きと新鮮さを醸し出すウッドパネルや贅沢なソファのようなシートなどを採用。

それまでの大型セダンとは異なるイメージの新感覚のインテリアとなっていたのです。

もちろん、エンジンは量販グレードにもV型6気筒エンジン(2.3L)を搭載。

上級グレードの3.5Lはハイオク仕様ですが、2.3Lはレギュラーガソリン仕様というのも地味にうれしい点ですよね。

そんな初代ティアナですが、なんと別企画の取材でお邪魔したお店にイメージカラーと同じ物件が並んでいるではありませんか!

しかも、走行距離も4.5万kmとまだまだこれからという低走行っぷり。

そして車両本体価格が9.9万円!!総額でも27.7万円と30万円で2.3万円もお釣りが来てしまうのです!(当たり前)

日々カーセンサーで中古車をチェックしているワタクシですが、まさかこんなに安くなっているとは……驚きです!!

さらに、この個体は2003年10月に日産自動車70周年記念特別仕様車の第2弾としてリリースされた「230JK70th-II」です。

一番ベーシックな230JKをベースに「室内環境パッケージ」と名付けられたプラズマクラスターエアコン、消臭天井、IR/UVカットグリーンフロントガラスの3点セットに加え、アルミホイールやパワーシート、ピラーツイーターなどがプラスされた超お買い得仕様なのです。

そんな装備充実で車としての仕上げも上々な初代ティアナがこんな価格で買えてしまうんですから、うっかり買って帰りそうになってしまいました(残念ながら置き場がなくて未遂に終わりましたが……)。

見た目はもちろん、装備面でも決してチープには見えない日産ティアナ。

落ち着いた雰囲気で手ごろな車を探している人は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

text/フナタン(小鮒康一)

photo/稲葉真、カーセンサーnet 

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します