現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】
  • RVというカテゴリーがなくなった!? ミニバン&SUVがさらなる進化を遂げた『平成13年』【平成メモリアル】

▲ちょいワルな見た目のヴォクシーと、ファミリーなイメージのノア。2種類に分けられたのはトヨタの販売チャンネルによるものだ

カッコいいパパ像への憧れ

さて、そろそろ平成13年に登場した車の私的トップ3を発表しましょう。

第3位は、トヨタの初代ノア&ヴォクシー。

ライトエースノアの後継車として登場したのですが、今までのワンボックスより圧倒的にカッコ良かった。

エッジを効かせたスタイルで、昔はヤンチャだったんだぜパパ層に訴求(特にヴォクシー)。

カスタマイズもよく似合っちゃう。

当時、父親が子育てに積極的に参加する社会的ムーブメントが起きていたこともあって、大ヒットしました。

3列シートなのに5ナンバーの運転しやすいサイズ、FF化(ライトエースノアはFR)されたことで広くなった車内空間は魅力的だったけど、ミニバンとしての完成度はまだ過渡期だったというのが正直なところ。

もちろん普通に乗ることはできたけど、乗り心地、シートの座り心地なんかはあまり良くなかった(気がする。記憶が古すぎて……)。

じゃあなんで3位に選んだのかというと、やっぱりスタイルとコンセプトの見事なマッチ感なのです。

見た目って大事だもんね。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kat*****|2019/03/07 11:04

    違反報告

    トラヴィックは当時、私も乗っていました。現在はシャトルに乗っていますが、今でもトラヴィックのがっしりした感じや、荷室の使い勝手の良さが懐かしくなります。燃費については国産車に劣りますが、手頃な大きさ(なんと全長4315mm)の割には室内も荷室も広く、動力性能もパワフルと言い切れるほどの力強さがありました。程度のいい中古車があれば今でも乗り換えたいと思わせるほどの魅力を備えている、と個人的には思います。
  • sup*****|2019/03/07 21:14

    違反報告

    過去にトラヴィックを惚れ込んで買った1人です。その後、BMW X3、X5と乗り換えてますが、BMWに負けない、記憶に残る良いクルマだった!ドアの閉まる音なんて、X5以上の精度感。エンジンの回り方も好きだった。難ありは、ドライビングポジョン、後席も固めの椅子のクッションは嫌いじゃないけど、格安航空の席みたいな姿勢で座らせられる。あと、オートマは時代なりだったかな。でも、そんな欠点も含めて、良い意味で記憶に残ってるクルマでした。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します