現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!

ここから本文です
コラム 2019.2.19

【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!
  • 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!
  • 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!
  • 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!
  • 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!
  • 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!
  • 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!
  • 【高そうに見えて意外と安い?】旧型ミニは走行5万km未満の物件だって総額60万円からイケるのです!

▲もちろんいわゆる高級車ではないものの、そこそこ高そうには見えるミニという車。でもその旧型は、まずまず好条件な中古車であっても意外と安いのです!

1つ前の世代でもOKなら、その相場は思いのほか手頃

筆者の場合は中古輸入車の専門記者をかれこれ20年以上もやっているため、街を行く輸入車を見れば1.7秒ほどで、そのおおむねの中古車相場が脳裏に浮かぶという特殊技能をもっている。

だが世の大半の人は当然だがそんな技能をもっていないため、しばしば輸入車の価格を見誤る。

それも「高い方向」へと見誤る場合が多い。

例えばミニである。

2002年登場の初代BMW製ミニは、さすがに今や少々の激安オーラを発し始めた。

だが2007年から2014年まで販売された第2世代のミニについては、「あれって中古でも150万円ぐらいはするんでしょ?」みたいなことを知人から言われることがある。

150万円なんて、そんなとんでもない。

あの世代のミニでよければ今や総額60万円ぐらいから買えるんですよ、意外と安いんですよ――と筆者は言うのだが、知人は信じてくれない。

信じてくれないだけならまだいいが、「仮にそういう値段のがあったとしても、オンボロの過走行車に違いない」とか、「そんなの買ってもどうせすぐに壊れて“安物買いの銭失い”になるに決まってる」などと、ネガティブなことばかり言う。

や、さすがに新車同然みたいなブツは買えませんが、走行5万km未満ぐらいの中古車なら探せますよと言っても、なかなか聞く耳をもってもらえない。

……仕方ない、順を追って詳しく説明することにしよう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zzr*****|2019/02/19 14:53

    違反報告

    古い外車は止めたほうがいいよ。意味不明の故障すんから・・・
  • bqy*****|2019/02/19 15:27

    違反報告

    胡散臭いヤツに訳の分からない安物のミニ勧められて知人の方可哀想
    騙されてはいけませんぞ、無理しても新車買って下さいね(笑)
  • osa*****|2019/02/19 15:14

    違反報告

    またきたよ、こいつの記事。
    これが生業らしい。
    ガイシャは新車で買ってくださいよ(笑)
    ガイシャ、しかも今回はミニときた。
    しかも60万円だって。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します