現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です
  • いぶし銀の魅力が光る、4代目レガシィツーリングワゴンがイヤーカー第4位に! 今ならコスパも抜群です

▲プレミアムなワゴンとして上質感も充分だった4代目レガシィのインテリア

モデルライフを通じてのラインナップは膨大!

ひとくくりに4代目レガシィツーリングワゴンといっても、様々なモデルがありました。

2003年5月のデビュー当初は、水平対向2LのSOHC(2.0i)とDOHC(2.0R)、DOHCターボ(2.0GT、2.0GTスペックB)のみで、その直後に3L(3.0R、3.0RADA)が追加。

このラインナップも悪くなかったですけどね。

カットビ派は2.0GT、高級感重視のユッタリ派は3.0と、それぞれのキャラクターが分かりやすくて。

 でもカットビ派でもユッタリ派でもない、NAの2Lじゃ物足りない、という、いわば実用性重視派のニーズはそのラインナップじゃ満たせませんでした。

そこで2007年11月、4代目のデビューから4年を経て追加されたのが、2.5Lです。

最初は「アーバンセレクション」という特別仕様車として登場し、翌2008年にレギュラーモデル化されました。

このエンジンがツーリングワゴンの性格にばっちりハマッちゃった!

パワーもトルクもそこそこあって、日常使いに丁度良く、しかもガソリンはレギュラー、自動車税も3Lほど高くない、と、とてもバランスが良いのです。

見た目的にもマフラーが2本出しでカッチョイイ!

5代目ではこの2.5Lエンジンを中心とするラインナップとなったことからも、現代的なニーズにマッチした性格といえるでしょう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します