現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > みんながイイっていうから出したのに……。 絶滅危惧車のX-90からは、スズキの潔さが伝わってくる

ここから本文です
コラム 2019.2.4

みんながイイっていうから出したのに……。 絶滅危惧車のX-90からは、スズキの潔さが伝わってくる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんながイイっていうから出したのに……。 絶滅危惧車のX-90からは、スズキの潔さが伝わってくる
  • みんながイイっていうから出したのに……。 絶滅危惧車のX-90からは、スズキの潔さが伝わってくる
  • みんながイイっていうから出したのに……。 絶滅危惧車のX-90からは、スズキの潔さが伝わってくる
  • みんながイイっていうから出したのに……。 絶滅危惧車のX-90からは、スズキの潔さが伝わってくる
  • みんながイイっていうから出したのに……。 絶滅危惧車のX-90からは、スズキの潔さが伝わってくる

▲1993年の東京モーターショーに参考出品されたスズキ X-90。発売を望む声が多く市販化されたが、人気は振るわず……。約3年で姿を消した

ライトウェイトな都会派クロスオーバーSUV

1993年、東京モーターショーで初披露された後、海外のモーターショーでも人気を博した参考出品車がスズキX-90だった。

X-90は初代エスクードのラダーフレームに、丸みを帯びたフォルムの2ドアボディを架装。

ワンタッチで取り外し可能なグラスルーフをもつTバールーフ構造で、2ドア・2シーターのクロスオーバーSUVとしてかなりユニークな存在だった。

同時期のカプチーノ同様、着脱可能なルーフは専用ケースに収納し、トランクに格納できるようになっていた。

漫画から飛び出してきたかのような、未来感漂うX-90の発売を望む声が多く、1995年にほぼ参考出品車のまま市販化された。

ボディサイズは全長3710mm×全幅1695mm×全高1550mmで、ベースになったエスクード3ドアモデルからちょっとだけ大きくなっているが、全高は立体駐車場に入るように抑えられていた。

また、クロカンとしての性能よりも街中での使い勝手を重視したからか、最低地上高は160mmとSUVとしては低めだった。

搭載していたエンジンは最高出力100psの1.6L直4ガソリンエンジンのみで、5速MTと4速ATが組み合せられていた。

駆動方式はパートタイム4WDのみで、副変速機が用意されていた。

なお、海外仕様にはFRも設定されていたそうだ。

サスペンションもエスクード譲りで、フロントにマクファーソン・ストラット式、リアにトレーリングリンク式を採用していた。

ただ、クロカン全盛期に「ライトウェイトな都会派クロスオーバーSUVの提案」という意味では、時代を先取りしすぎたのかもしれない。

日本においては2シーターであったことがネックだったのか、3年間で約1400台しか売れなかった。

裏を返せば、残存している車は希少価値があるとも言える。

エスクードをベースにどこまで遊べるのか試してみたら、思いのほか周囲からの反応が良かったので市販化するも……売れないと気づくや否やパッと販売を中止。スズキのビジネスにおける身動きの軽さをも象徴する車だった。

個人的には、アルミホイールの設定はされることなく、鉄チンホイールのみという潔さに心が引かれる。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい!

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/スズキ

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します