現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > WRCと切っても切れない関係の絶滅危惧車、インプレッサクーペをチェックせよ!

ここから本文です
コラム 2019.1.30

WRCと切っても切れない関係の絶滅危惧車、インプレッサクーペをチェックせよ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WRCと切っても切れない関係の絶滅危惧車、インプレッサクーペをチェックせよ!
  • WRCと切っても切れない関係の絶滅危惧車、インプレッサクーペをチェックせよ!
  • WRCと切っても切れない関係の絶滅危惧車、インプレッサクーペをチェックせよ!
  • WRCと切っても切れない関係の絶滅危惧車、インプレッサクーペをチェックせよ!
  • WRCと切っても切れない関係の絶滅危惧車、インプレッサクーペをチェックせよ!

▲インプレッサにはセダンやハッチバックモデルに加え、クーペモデルも存在していた

もしかしたら水平対向エンジンではなかった!?

レオーネの後継車となったレガシィの“ヒエラルキー”に鑑み、スバルはCセグメントへの新型車を必要としていた。

80年代後半には直列4気筒エンジンでテストまで行っていたというが、開発資金の都合上、水平対向エンジンをリファインして搭載することに決まった。

この苦肉の策が、後のスバルの運命を変えたと言ってもいいかもしれない。

1992年に誕生した初代インプレッサは、そんなCセグメント市場を狙った世界戦略車だった。

面白いのは開発当初、セダン、スポーツワゴンの計画は伝えられていたものの、ハイパワー車(WRX)の計画は開発陣には秘密にされていたそうだ。

というのも、エンジニアがハイパワー車にだけ開発意欲を燃やしてしまうことを懸念してのことだったらしい。

そして、インプレッサの開発にめどが立った頃、ようやくハイパワーモデル計画が明かされたのだという。

つまり、ベース車をしっかり作ってからのWRXモデル開発と相まったのだ。

開発時からWRC参戦が前提となっており、プロドライブ・STiの要望も反映されていた。

しかも試作車第1号は、WRCドライバーのコリン・マクレーがステアリングを握った、ともいわれている。

苦肉の策で水平対向エンジンを存続させた背景をもちながら、WRC参戦は考えていたのだから、取捨選択の経営手腕が素晴らしかったのだろう。

1993年からWRCに参戦し、1995年からは3年連続でマニュファクチャラーズ・チャンピオンを獲得した他、ドライバーズチャンピオンを1995年、2001年、2003年に獲得。

インプレッサの名声を築き上げた。

インプレッサは細かく、毎年マイナーチェンジを受けながら進化を遂げてきた。

そして1995年、輸出仕様だった2ドアクーペモデルを「リトナ」として国内販売開始するも、翌年には廃盤。

そして、同年、リトナベースの「WRXTypeRSTi」が投入された。

1998年にはWRC3連覇を記念した「22BSTiversion」が400台限定(新車時価格500万円)で販売された。

WRCと切っても切れない、名声を誇った初代インプレッサ。

そのなかでもクーペモデルはほとんど見かけなくなった。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい!

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/スバル、カーセンサー

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2019/01/30 18:25

    違反報告

    学生の頃はクーペSTI欲しかった。買える年になった頃には、新型は重くて欲しいとも思わないくるまになってたし。中古のSTIはバージョンⅥあたりみたけど程度いいのがなくて、結局インプレッサには乗らずに終わった・・
    軽くて振り回せる車作ってほしい、1100以下 300㏋程度 全長4000以下 全幅1800以下。
    おねがいします
  • u_s*****|2019/01/31 12:06

    違反報告

    WRCデビュー戦の1000湖ラリーのビデオを何回も観たのを思い出す。
    アリバタネンの走りは素晴らしかった。
    ライトポッドの空力的なトラブルでフロントガラスが曇って結果2位だったんだよね。
  • aqu*****|2019/02/09 08:01

    違反報告

    今のWRXにはラリーのイメージは無くなってしまった

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します