現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 絶滅危惧車のフォード Kaは、乗れたらエライ車だ!

ここから本文です
コラム 2019.1.25

絶滅危惧車のフォード Kaは、乗れたらエライ車だ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅危惧車のフォード Kaは、乗れたらエライ車だ!
  • 絶滅危惧車のフォード Kaは、乗れたらエライ車だ!
  • 絶滅危惧車のフォード Kaは、乗れたらエライ車だ!
  • 絶滅危惧車のフォード Kaは、乗れたらエライ車だ!

▲日本では1999年に発売されたフォード Ka。たった2年間で販売終了となってしまった

世界戦略車だったが日本では全く売れなかった

1996年にデビューしたフォードKaは、同時期のフィエスタのプラットフォームを用いた、世界戦略車と呼んでいいコンパクトカーだった。

日本デビューは1999年で、それまでに世界では60ヵ国、50万台以上が販売されていた。

日本仕様はスペインで作られた他、ブラジル、イタリアなどでも生産された。

“ニュー・エッジ”デザインと呼ばれたエクステリアは、モーターショーで披露されたコンセプトカーと大差ない斬新なものだった。

それでいて新車時価格を150万円に抑えられたのは、フィエスタとのプラットフォームを共有化したことからだった。

ちなみに日本仕様は大型のラジエター、エアコンユニットの他、パワーウインドウ、リアゲート・オープナー、電動調整式ドアミラーなど、日本市場を意識したいわゆる“快適”装備を備えていた。

しかし、日本市場をちゃんと考えていたにも関わらず、トランスミッションだけは5速MTのみの設定だった。

CMで用いられたキャッチコピーは「乗れたらエライ」とウイットに富んだというか、自虐的というものだった……。

搭載された1.3Lエンジンはやや型遅れのOHVエンジンで、最高出力たったの60psと非力だった。

しかしながら車両重量は1トンを切っていたし、タイヤはなるべく四隅に寄せられていて、運動性能は思いのほか長けていた。

日本では一部の通にこそ好まれたが、商売としては失敗。日本に導入されてからたったの2年で販売を終了してしまった。

Ka自体は2回のフルモデルチェンジを経て、現在も3代目として販売は続いている。

日本での販売期間は短く、新車時価格も安かったことから車検を機に廃車処分されがちだったKa。

カーセンサーnetにまだ掲載されている物件が残っていること自体、奇跡的だと言える。

Kaがもつ魅力をわかっていた通によって乗り続けられてきたのだろう。

もう街中で見かける機会もほとんどないし、今見ても個性的なデザインで差別化を図りやすいコンパクトカー。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい。

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/フォード、カーセンサー

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2019/01/25 13:37

    違反報告

    オートマの設定がないと聞いたとき、この車は、たまたま形が可愛いから日本に持ってきただけで、そもそも日本で売る気がないんだなと思っていました。
    そうしたら、結構真剣に日本仕様を作っていたんですね、ちょっとびっくり!
    まぁとにもかくにも、オートマの設定がなかったら、日本の市場の8割がたは捨てたと思うべきだったし、事実そうなってしまったのが残念でした。
  • sno*****|2019/01/26 04:35

    違反報告

    この頃のフォードはリーマンショック前で元気がありましたね。
    日本市場で何とか売りたいって思いはGM、クライスラーより強かったと思います。
  • s04*****|2019/01/25 13:21

    違反報告

    ストリートkaも出して欲しかった。
    未だに欲しいけど中古車すら日本には入って来ていない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します