現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ダットサンと日産ブランドにまつわるコラムを書いていたら俄に今の日産車が気になった

ここから本文です
コラム 2019.2.2 レポート:大田中 秀一 / 写真:大田中 秀一

ダットサンと日産ブランドにまつわるコラムを書いていたら俄に今の日産車が気になった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダットサンと日産ブランドにまつわるコラムを書いていたら俄に今の日産車が気になった
  • ダットサンと日産ブランドにまつわるコラムを書いていたら俄に今の日産車が気になった
  • ダットサンと日産ブランドにまつわるコラムを書いていたら俄に今の日産車が気になった
  • ダットサンと日産ブランドにまつわるコラムを書いていたら俄に今の日産車が気になった
  • ダットサンと日産ブランドにまつわるコラムを書いていたら俄に今の日産車が気になった

速度にリンクしないエンジン音に違和感はあるが…

昨年はcarviewにダットサンと日産ブランドについてのコラムを書きましたが、そう言えばもう何年も日産車に乗っていませんでした。今回試乗したのは「ノートe-POWER」。エンジンは発電のためだけに使われ、充電されたバッテリーの電力でモーターを駆動するという、いわゆるシリーズハイブリッド。発電用エンジンが載っているのでバッテリーは小さくすることができ、EVに比べ室内が広くできるという特徴などがあります。

道へ出るといきなり違和感を覚えます。ちょっとアクセルペダルを踏んだらいきなりエンジンが稼働し、ウワーンという小さくない音が耳に飛び込んできました。ペダルの踏み込み量や車速にリンクしない回転をするので変な感じ。発電に専念するこのエンジンはもっとも効率が良い回転数で一定回転する必要があるためです。

しかし、アクセルペダル操作だけで自在に、というのが売り文句のe-POWER。交通量が多く車間距離も短めなため、少し加速するとすぐ前のクルマについてしまうという状況では、ノーマルモードにしておけばペダルを戻したときの減速具合がちょうど良く、加速して前のクルマに追いついて戻しまた加速、という日本の運転スタイルに向いていそうです。ためしにドライブモードを「S」や「ECO」に切り替えると、この時の交通状況では減速力が強すぎて合わない感じでした。

インテリジェントクルーズコントロール(ACC)は30~100 km/hの間で速度をセットできるので、試しに100km/hにセット。ただ、本当に減速してくれるのかまだ信用できず、常にブレーキペダル上にスタンバイしている右足がしんどいのと、車間距離の調整を最長間隔にしておくと、割り込まれてしまうのが難点ですね。

一方、加速感はなんとも爽快。多気筒エンジンの唸りと共にダッシュするのも気持ちいいけど、モーターの静かでパワフルな加速も実に気持ち良いものでした。ガソリンエンジン車ではこうはいかない。このためだけにノートe-POWERを買ってもいいと思うくらいです。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します