現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!

ここから本文です
コラム 2019.1.18

峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!
  • 峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!
  • 峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!
  • 峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!
  • 峠が得意なスポーツカーだけど妻も喜ぶ!? 一石二鳥の4WS搭載車3選!

▲写真はルノー メガーヌスポーツツアラー。60km/h以上で後輪が前輪と同一方向に向けられコーナーを曲がりやすくしてくれる。逆に60km/h未満では後輪が前輪と逆を向くことで、駐車時やUターンの際にサポートしてくれる

フェラーリやポルシェも採用している4WS

「久しぶりにコーナーを攻めたら、すごくうまくなった気がする」

最高出力などの数値ではなく、そんな“運転の気持ちよさ”に重きを置いてスポーツカーを選ぶなら、4WS(四輪操舵)を備えた車がオススメだ。

何しろ高速でコーナリングする際は前輪と後輪が同じ向きを向く(同位相)から、コーナーをグイグイと回っていける。

逆に駐車する際は、前輪と後輪が逆を向く(逆位相)から小回りが利く。

私のようなオッサン世代は4WSというと、ホンダプレリュードを思い出すかもしれない。

当時はドライバーの意図と車の挙動がどうもちぐはぐで、時に4WSが邪魔だと感じることもあった。

しかし、最近の4WSの制御はとてもナチュラルだ。

冒頭のように、自分の運転がうまくなったと勘違いしても不思議ではないほど、スムーズに曲がる。

だから近年はフェラーリやポルシェなどにも4WSが採用されているほどだ。

例えば「最高出力は300馬力で、それに見合う足回りやトランスミッションを備えている」といわれても、そのスペックを存分に味わうにはサーキットしかない。

しかも得てして低速、つまりちょっと買い物に出かける程度だと乗り心地が硬く、助手席に座る、あるいは平日はステアリングを握ることもある妻から不満が出るだろう。

しかし、4WS搭載車なら小回りが利くので扱いやすく妻にも喜ばれるはずだ。

そんな夫婦円満になれる4WS搭載車を今回3台選んでみた。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します