現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか

ここから本文です
コラム 2019.1.17 レポート:伊達軍曹 / 写真:伊達軍曹

東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか
  • 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか
  • 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか
  • 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか
  • 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか
  • 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか
  • 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか
  • 東京オートサロンにて思う。国産スポーツカーはこのまま衰退~滅亡へと向かうのか

スポーツカー受難の時代はとうぶん続くだろう

過去最多となる33万666人の来場者数を記録して、1月13日に無事閉幕した東京オートサロン2019。

カスタムカーではなく「マジメなほう」の展示会である東京モーターショー2017の来場者数が77万1200人だったので、「それに匹敵」とまではいかないものの、「東京モーターショーに迫る勢い」ぐらいの形容をしてもオーバートークには当たらないはず。事実、会場内の熱気は「……もしかしたらこちらのほうが上か?」とも筆者には感じられた。

さて。そんな東京オートサロン2019を「総括」するほどエラソーな立場にはないが、いちおう「気づいたこと」は挙げてみたい。

気づいたのは「カスタムカルチャー自体は活況だが、スポーツカー受難の時代はまだとうぶん続くだろう」ということだ。

前述のとおり3日間で33万人以上の来場者を集め、特に週末の土曜・日曜はちょっとヤバいほどの混雑っぷりを見せていた東京オートサロン。自動車カスタマイズに対する人々の興味は昭和の時代と比べれば確実に低下しているとはいえ、「ひとつの趣味分野」としては確実に根付いていることを強く感じさせた。

これは言ってみれば「プロ野球」みたいなものだ。

昭和のON砲の時代(←古すぎてすみません)と比べれば人気は確実に低下し、「国民的興味の的」から「数ある娯楽のひとつ」に成り下がったプロ野球。しかし、だからといって各地のスタジアムは閑古鳥が鳴いているわけではない。むしろほぼすべての球場にコアなファンたちが押し寄せ、かなりの活況を呈しているのが実情なのだ。

それと同様に自動車および自動車のカスタマイズを愛でる文化は、今や確実に「国民的興味の的」ではなくなった。だが「数ある娯楽のひとつ」としては依然としてなかなかの一大勢力であり、喧伝されている「自動車カルチャーの死」なんてものはそう簡単には訪れないだろうというのが、現場を見ての率直な印象である。

だがそれも、非スポーツカーに限った話ではある。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zet*****|2019/01/17 12:06

    違反報告

    そもそもなんで車の所持率が下がってるか理解してないな

    世間の所得が下がり物価は上がる

    車を購入できない方が増えている

    さらその車にかかる税金や維持費が高い

    日本はもう終わっている
  • deg*****|2019/01/17 11:57

    違反報告

    結局、車の価格が全ての原因だよ
    高くなる→今の日本の収入では無理→ニッチ市場を買い支えられない→市場消滅
    これで真っ先に消えたのがたまたまスポーツカー。次にクーペ、セダン…と。
  • fle*****|2019/01/17 12:19

    違反報告

    安全安全推して車を下駄にした世論のせいだろ
    車は楽しみながら移動するものだった

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します