現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?
  • 中高年にとって「疲れにくい車」の決定版はSGP+アイサイトの現行スバル XVまたはフォレスターなのか?

▲こちらが現行スバル XV。グローバル視点で言えばコンパクトサイズの、しかし日本の道路環境では「ジャストサイズの」と言えるクロスオーバーSUVだ。つい先ごろ、マイナーチェンジでハイブリッド版も登場

長距離を走る機会が多い中高年にはベストな選択のひとつ

中高年の車選びを考える当シリーズは、編集部から「基本的には輸入車対象で」と言われている。だが今の時代、「国産車か輸入車か」という軸で物事を考えるのはややナンセンスでもあるはず。それゆえ、申し訳ないがこのまま話を進めさせていただく。

で、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)だ。いや正確にはSGP+アイサイト(スバルの運転支援システム)という組み合わせががもたらす、中高年の肉体疲労に対する好ましい影響についてである。

これがですね……本当に疲れにくいのですよ!

SGPを採用していなかった旧型フォレスターに対する筆者の印象は、愛好家の方には大変申し訳ないのだが「普通ですね」というものだった。

もちろんフォレスターの雪道性能などの高さは知っているつもりだが、一般的な舗装路を走る場合に限って言えば、強烈なアドバンテージがあるわけでもない「普通のSUV」としか筆者には思えなかったのだ。

だがSGP+アイサイト・ツーリングアシスト(アイサイトの最新版)となった新型フォレスターに対する意見は、それとはまったく異なる。

「長距離を走る機会が多い中高年にはワン・オブ・ベストでしょう!燃費は正直あまり良くないですが!」としか言いようがないのだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tmn*****|2018/12/28 10:59

    違反報告

    今回の記事はまんざら提灯記事ではあるまい。私は以前カローラフィールダー1.8Lに乗っていたのだが疲れやすくて困る車だった。そのあとレヴォーグに変えたのだが疲れにくいので助かっている。このレヴォーグはSGPではないがそれに近い性質を持っているのではないかと想像する。そこから考えれば現行XVやフォレスターが「疲れにくい車」という評価は十分信用できる。少なくとも私にとってはあのフィールダーよりは体に優しい車であり、カタログ数値には表れない長所である。

    ちなみに「疲れるなら車の運転するな」などというバカどもにまともに返答する気はない。
  • pla*****|2018/12/26 20:26

    違反報告

    アイサイト・ツーリングアシストは本当によくできてる。今までだったらPAで仮眠をとろうかなと思うぐらいの眠気でも寝ないで走り続けてる by WRX S4 乗り
  • jpy*****|2018/12/26 21:52

    違反報告

    疲れるなら運転するな!
    疲労運転は犯罪です。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します