現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 白と黒のクルマばっか! 地味すぎるニッポンの道路景観を明るくするには?

ここから本文です
コラム 2019.1.16 レポート:伊達軍曹

白と黒のクルマばっか! 地味すぎるニッポンの道路景観を明るくするには?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白と黒のクルマばっか! 地味すぎるニッポンの道路景観を明るくするには?
  • 白と黒のクルマばっか! 地味すぎるニッポンの道路景観を明るくするには?
  • 白と黒のクルマばっか! 地味すぎるニッポンの道路景観を明るくするには?

写真:Rawpixel

リセールバリューという足かせを否定することはできないが…

車社会にまつわるモロモロのため、わたしの血圧は今日もまた微上昇を記録した。なぜ、世の中の連中はナントカの一つ覚えのように白または黒の車ばかりを買いたがるのだろうか?

…と、わざとらしい疑問を提示したが、もちろんその背景はすでに解明されきっている。

人々が白系または黒系のボディカラーを選ぶ理由は「それが無難だから」であり、そして「リセール価格の面で有利だから」だ。

最初に挙げた「無難だから」について論じようとすると、最終的には「日本人論」みたいな世界まで行ってしまい面倒くさいので、「リセール面」についてのみ考えてみよう。

ま、確かにそのとおりだ。

筆者は中古車系の記者としては20年以上のキャリアを積んでいるが、古物商として車を売ったり買い取ったりした経験はない(そもそも古物商免許を持ってない)。それゆえ本当の正確なところは不明なのだが、懇意の販売店主らに聞く限りでは、確かに白系または黒系のほうが「高めに買い取れる場合が多い」という。

まぁそりゃそうだろう。

仮にわたくしが「DATE MOTORS」とかいう中古車販売店を経営しているとしたら、個人的に大好きなシトリンブラウン(微妙な茶色メタリック)のメルセデス・ベンツCクラスを積極的に買い取りたいとは思う。

だが「経営者」として考えるなら、いつ誰に売れるとも読めないシトリンブラウンに大枚をはたくのは怖い。そして結局シトリンブラウンは難癖をつけて安めに買い取り、白とか黒のCクラスを高めに買い取るはずだ。なぜならば、白や黒の人気モデルであれば「売れ行きがある程度読めるから」である。

このような現実のなかで「お前ら、白とか黒のありがちな色の車ばっか買ってんじゃねえよ!」とチコちゃんのように扇動するのは、あまりにも無責任であろう。

なぜならば、「お金」というのは非常に大切なモノだからだ。

よくわからないが、今の世の中では「命」と「健康」の次ぐらい、つまりこの世で三番目に大切なモノの座を「愛」と争っているのが「お金」なのではないかと、わたくしはにらんでいる。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します