現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 海外で人気のリフトやウーバー、ドライバーを時給4ドルの地獄が待つ可能性

ここから本文です
コラム 2018.12.4 レポート:小沢 コージ / 写真:Lyft, Inc.

海外で人気のリフトやウーバー、ドライバーを時給4ドルの地獄が待つ可能性

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海外で人気のリフトやウーバー、ドライバーを時給4ドルの地獄が待つ可能性
  • 海外で人気のリフトやウーバー、ドライバーを時給4ドルの地獄が待つ可能性
  • 海外で人気のリフトやウーバー、ドライバーを時給4ドルの地獄が待つ可能性
  • 海外で人気のリフトやウーバー、ドライバーを時給4ドルの地獄が待つ可能性

ドライバーというより運転ロボットのような心境

「正直、精神衛生上よくないです。四六時中スマホに操られているようで全く楽しくない。自分がマシンになったみたい。ギャラもアッチじゃマックでバイトする少年が使えるレベルですから(笑)」

少々衝撃的なハナシを聞きました。北米ロサンジェルスでウーバーと並ぶ世界的人気ライドライドシェアアプリ、「リフト」のドライバーとして働いた日本人のお話です。

ライドシェアとはスマホアプリを通して、ドライバーなら誰でもタクシードライバー的に稼げるシステム。世界白タク斡旋アプリのようなもので、アプリ登録ドライバーは、これまた最寄りの登録ユーザーに呼ばれ、その人を運ぶことによって運賃を得ることができます。

待ち合わせ場所への呼び出しも目的地連絡もすべてスマホ上ででき、料金支払いも現金ではなく、クレジットカードを使ってのやり取りだったりします。

その分、安心だし便利なのですが、基本一般ドライバーを使うシステムなので、旅客用に二種免許を必要とする日本では、少し便利なタクシー用アプリとしてのみ使われています。

ただし、ウーバーやリフトの本当の醍醐味はタクシーもいない過疎地や時間帯にクルマ移動ができることとコストダウン。結果、ウーバー発祥の地サンフランシスコや隣町LAでは当たり前に使われ、大手タクシー会社が潰れたりしています。

が、客としては便利でも、働き手としてはさほどでもないらしいのです。

前述日本人のKさん曰く「アプリで呼ばれ、グーグルマップに案内されるがまま走り、“客を乗せました”“目的地に着きました”もすべてスマホ入力。最後に客を5つ星評価することまで含め、まさにスマホやAIに操られているよう。運転手としての誇りも楽しみもありません。ドライバーとしての価値を貶める仕事かと」。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2018/12/04 09:05

    違反報告

    自分と車が空いている時や、自分が車で移動する時に都合が合えば客を乗せるというものでしょう?
    職業としてやるものではない。
    それを時給がいくらかなどという記事にするのは、筋違い。
  • sat*****|2018/12/04 09:08

    違反報告

    カリフォルニアの主要都市ではよく見かけるようになりましたね。
    逆に普通のタクシーが激減してるような・・・共食いなんですかね?
    車持ちだから使う機会はないですが、ロスやサンフランシスコの都心部では車なくてもこれで生活できるのでしょう。日本もカーシェアが増えてますます車を買わなくなりそうですな。
  • nig*****|2018/12/04 08:21

    違反報告

    横浜、みなとみらい地区では始まってますよ
    支払いや無責任な予約(ドタキャン)防止なのか、事前登録は必要ですが
    今なら無料で試せるようです
    ライターさんは急いで試そう

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します