現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ゴーンの戦略は正しかった!? あの徹底した利益志向の裏側を深読みしてみた

ここから本文です
コラム 2018.11.30 レポート:伊達軍曹 / 写真:日産自動車

ゴーンの戦略は正しかった!? あの徹底した利益志向の裏側を深読みしてみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴーンの戦略は正しかった!? あの徹底した利益志向の裏側を深読みしてみた
  • ゴーンの戦略は正しかった!? あの徹底した利益志向の裏側を深読みしてみた
  • ゴーンの戦略は正しかった!? あの徹底した利益志向の裏側を深読みしてみた

「面白い車」ってなんだろう?

車社会にまつわるモロモロのため、わたしの血圧は今日もまた微上昇を記録した。日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン氏が起こしたとされる事件に関連して何かともやもやしてしまうからだ。

事件そのものについて言うことは特にない。実際に何があったのか知るよしもない外野のひとりとして、「推定無罪」の原則を頭に置きながら、事件の今後を静かに見守るのみである。

そうではなく、もやもやするのは「車好き」と呼ばれる人たちが本件に対して発言している内容についてだ。多くの車好きが、本件を鑑みて以下のように言う。

「これを機に『面白い車』を作る日産に戻ってほしい」

言い方や細部に違いはあれど、おおむねの論旨はこのような感じだろう。筆者も(いちおう)車好きのひとりではあるので、この論旨に同意できる部分はある。ただ、「面白い車」という抽象的な概念をもっと具体的にしたうえでないと、話は始まらないとも思っている。

「面白い車」と聞いてイメージするものは人それぞれだろうが、かなり古典的なところでは「高出力エンジンを積んだスポーツタイプの車で、車高が低くてリアウイングとかも純正で付いてるMT車」みたいな感じだろうか。

そういった昭和っぽい車観を否定はしないし、そのような趣味をお持ちの人がいまだ一部にいらっしゃることも知っている。だが多くの車好きは今回、そこまで昭和っぽい意味で「面白い車を!」と言っているわけではないはずだ(……そうですよね?)。

正確なところはもちろんわからないが、たぶん、各位は下記のようなニュアンスで「面白い車を作れ」と言っているのだと筆者は思っている。

「SUVでもワゴンでもミニバンでも何でもいい。個人的にはMTが好きだけど、まぁ多段ステップATとかでも構わない。とにかく『リニアで生理的に心地よい走行フィール』が常に感じられる車を作っておくれよ。ナマクラなやつばっかじゃなくてさあ。そんで、できれば内外装の質感とかセンスもいい感じにして。もしもそういうのが出たらオレ、買うからさ!」

上記のような条件には、例えば最近のマツダ車全般やスバルの一部モデル、あるいはスズキの新作系小型車などが該当するのだろう。なるほど、車そのものや車の運転行為を愛する者としては、確かにそのような車にこそ乗りたいものだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nwa*****|2018/11/30 07:46

    違反報告

    でもある年数来たら、モデルチェンジはして。
  • ebo*****|2018/11/30 08:26

    違反報告

    企業は利益を追求するのが当然です。
    そのために存在してるのですから。
    スポーツ車が儲かると思えば開発するし、儲からねばイメージの企業維持程度、最小限に縮小する。
    >世界を見渡したときに「ステアフィール」みたいな部分にいちいち重大にこだわる人間がどれほどいるか

    確かにその通り、一方で世界の大半の人は安全性と経済性には重大にこだわる。
    そういう事ですね。ゴーンさんの方針は正しかったという事ですね。

    いわゆる「車好き」ではない客の方が、圧倒的に多いのですから。
  • sor*****|2018/11/30 08:15

    違反報告

    いったい誰に頼まれて擁護してるんだか・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します