現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 絶滅危惧車のポルシェ 928は、RRに限界を感じた末に生まれたモデルだった!?

ここから本文です
コラム 2018.11.26

絶滅危惧車のポルシェ 928は、RRに限界を感じた末に生まれたモデルだった!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅危惧車のポルシェ 928は、RRに限界を感じた末に生まれたモデルだった!?
  • 絶滅危惧車のポルシェ 928は、RRに限界を感じた末に生まれたモデルだった!?
  • 絶滅危惧車のポルシェ 928は、RRに限界を感じた末に生まれたモデルだった!?
  • 絶滅危惧車のポルシェ 928は、RRに限界を感じた末に生まれたモデルだった!?

▲1978年に本国でデビューし、ポルシェ史上最も息が長かった928

誰もが簡単に乗れるスポーツカーを目指して

ポルシェ928シリーズは、フラッグシップモデルとして1978年にデビューした。

販売が終了する1995年まで一度もフルモデルチェンジは行われず、ワンモデルとしてはポルシェ史上最も長く生産された車だ。

新たな技術の投入により現在も進化し続けている911だが、実は30年以上前からポルシェの幹部はRR(リアエンジン後輪駆動)に限界を感じていたといわれている。

そのうえ、アメリカではシボレーコルベアをはじめRR車の安全性が取り沙汰され、RR車の販売が規制されるかもしれない、という噂が流れた。

また、かつての911は今ほど乗りやすいものではなかった。MTしかなかったし、クセの強いハンドリングであったし、言うなれば“エンスー好み”するものだった。

928はRR車規制対策であったし、より高級で、よりパワフルで、より簡単に誰もが乗れるスポーツカーとして、新たな顧客層を獲得できると踏んでいたようだ。

ATはメルセデス・ベンツ製の3速ATでデビューし、1984年から4速ATへと進化している。

928の実に8割のオーナーがATを選択したといわれており、ポルシェのもくろみはティプトロニック導入前から当たっていた。

911に勝る動力性能を持ち、快適装備をたんまり備えた高級嗜好のグランドツアラー、928。

最大の特徴は高速コーナリング中、オーバーステア傾向になりやすいリアサスペンションの各パーツの配置を可変させる「ヴァイザッハアクスル」を採用したことだ。

また、フロントにエンジンを配置し、リアにトランスミッションを搭載する「トランスアクスルレイアウト」のFR(フロントエンジン後輪駆動)を採用。

これにより前後重量配分は理想とされる50:50を実現していた。

エンジンはすべて水冷V8で、年式が新しくなるにつれ4.5L(240ps)、4.7L(300ps)、5L(330ps)、5.4L(350ps)と排気量を拡大していった。

最も新しい928でも23年落ちであることを考えれば、いかにハイパワーだったか伝わるだろう。

昨年、アメリカの高級クラシックカーオークションでは、低走行のMT車が1000万円オーバーで落札された。

空冷911相場がじわりじわりと値上がりし、あれよあれよと高嶺の花になったように、928の相場にも同じような“波”が来るのではないかと個人的に注目している。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい!

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/ポルシェ

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • myk*****|2018/11/26 12:04

    違反報告

    928のコンセプトは国産メーカーが良くパクッテた。日産のエルゴノミックシートやインパネのデザインなんかはお馴染み!
    似ているね日産。
  • red*****|2018/11/27 08:36

    違反報告

    想像していたより遥かに排気量が大きくてビックリした車です。

    リアクォーターウィンドウの傾斜が美しく
    横から突き出た様に見えるマフラーも新鮮だった記憶があります。
  • moo*****|2018/11/26 18:54

    違反報告

    知り合いが欲しかった928の中古車を買ったら修理に160万程掛かって暫くしたら手放しましたね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します