現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 絶滅危惧車の初代ピアッツァで、“シニア感覚”を味わうべし!

ここから本文です
コラム 2018.11.13

絶滅危惧車の初代ピアッツァで、“シニア感覚”を味わうべし!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅危惧車の初代ピアッツァで、“シニア感覚”を味わうべし!
  • 絶滅危惧車の初代ピアッツァで、“シニア感覚”を味わうべし!
  • 絶滅危惧車の初代ピアッツァで、“シニア感覚”を味わうべし!
  • 絶滅危惧車の初代ピアッツァで、“シニア感覚”を味わうべし!

▲1981年に登場したいすゞピァッツァ。117クーペの実質的な後継車となる

ほぼコンセプトカーのままで登場したモデル

1979年、ジュネーブモーターショーでいすゞはジョルジェット・ジウジアーロが手がけた「アッソ・ディ・フィオーリ」というコンセプトカーを披露した。いすゞのフラッグシップモデルであった、117クーペの実質的な後継車にあたる。

ピアッツァの名称で販売を開始したのは、ジュネーブで披露されてから2年後のことだった。コンセプトカーよりも若干、ボディサイズは大きくなっているが基本的なデザインは変わっていない。これは当時としては珍しく、世界的に話題を呼んだ。

あえて言うなら、デビュー当時は認められていなかったドアミラーの採用を見送るしかなく、法改正された1983年まではフェンダーミラーを採用していたことが大きな違いと呼べるだろう。

それまでの117クーペが流麗さを全面に打ち出していたのに対して、ピアッツァは近未来的に方針転換したかのようだった。おそらく、1980年代に向けて、他社を圧倒する先進性を追い求めたのだろう。大げさでもなく、おべんちゃらでもなく、それほどずば抜けた未来感を持ち合わせていた。

個人的にはジウジアーロが同時期に手がけたアウディクーペGT、デロリアンDMC12、BMWM1などのエッセンスすら感じる。ただ、ピアッツァが際立っているのは、いわゆる“フラッシュサーファス”と呼ばれる、ボディ表面に凹凸が少なく、空気抵抗の低さが強調されていたことだろう。

インテリアのコックピット感も、特筆に値する。基本的に各種スイッチはステアリングを握ったまま、手を伸ばせば操作できるように配置されている。当時、ジウジアーロが推し進めた新しい操作感覚だったのだろう。事実、同時期にジウジアーロが手がけた車と似たようなスイッチ配置となっている。

 ただ、シャシーは旧型ジェミニのものを、エンジンはジェミニの1.8Lを1.9Lまで拡大したもの、そして117クーペに搭載していた2Lエンジン、とハード部分は非力さが否めなかった。いすゞはそれを認識していなのか、デビュー当時のキャッチコピーは「シニア感覚」だった。

1984年には2Lターボエンジンを導入し、1985年には西ドイツ(当時)のチューナー、イルムシャーが足回りを手がけたモデルが追加され、ピアッツァ人気のテコ入れが図られた。1988年にはロータスとの技術提携により「ハンドリング・バイ・ロータス」という特別モデルも追加された。

イルムシャーにせよ、ロータスにせよ、デビュー当初とは違うお金のゆとりを感じさせるのはバブル景気のおかげか?

もう日本では乗用車の販売から撤退したいすゞの歴史の一ページを担う、ピアッツァ。40年近く前にデビューしていながら、今見ても前衛的に感じられる国産車、そうそうあるものではない。

立派にネオクラシックカーとなっているし、スポーツ性能を本気で追い求める人も少ないだろう。ピアッツァで今、“シニア感覚”を味わってみるのも面白いかもしれない。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい!

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/カーセンサーnet

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • z32*****|2018/11/13 12:00

    違反報告

    学生の頃、必死で新宿でバイトしてお金ためてね、昭和56年式のXFの中古をブルーに全塗装してバンパー換えてリアスポ後付してね、イルムシャーもどきにして乗ってたんだよ。
    あちこち壊れてね、特に電気系統最悪でね、お金ないから大変だったよホント。
    社会人になってね、ようやく本物のイルムシャーを買えたんだよ。
    昭和63年式の中古だどね。こいつは壊れなかったし、快適だったよ。
    追突事故で全損になってね、そして今度は平成2年式のロータスを買ったんだよ。もちろん中古でね。3年乗ったよ。乗り心地もいいし良かったよ。
    結婚して子供ができたからやむなく乗り換えたんだよね。
    Z32のツーバイツーにね。
    今は3台目となったZ32(1998)とGT-Rがガレージの肥やしになっているんだけれど、ピアッツアもまた欲しくなっちゃってね、カミさんに相談したらね「どっちか処分しなさい」って云うのよ。
    いいタマでてきたらどうしよう。




  • nta*****|2018/11/13 11:10

    違反報告

    サテライトスイッチは使いやすかった。遠方表示メーターも読みやすい。ボンネットも凝っていたしデザインは良かった。ただ内装、ドアパネルやダッシュボードがひび割れがひどかった。
  • kan*****|2018/11/13 10:42

    違反報告

    初期型のたぶんXEグレードだと思う。それくらいは書いてほしかったな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します