現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!

ここから本文です
コラム 2018.11.9

ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!
  • ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!
  • ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!
  • ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!
  • ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!
  • ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!
  • ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!
  • ブリティッシュな雰囲気を醸し出す、緑のMR-Sが気になっちゃったので見てみた!

▲取材中にも関わらず、展示場をふらふらするフナタン。今回気になっちゃったのは緑色のトヨタ MR-S

速いだけがスポーツカーじゃないんです

雑誌版カーセンサー連載企画、「気になるクルマに会いに行こう!」のスピンオフ企画としてすっかりお馴染みになった(と思っている)この企画。

今回お邪魔したお店はスポーツカー専門店ということもあり、S660、インプレッサSTI、スイフトスポーツ、NISMOロードカーと、個人的に気になっちゃった車のオンパレードで、どれを取り上げようか目移りしてしまうほどでした。

そんななかでワタクシの琴線に触れたのが、こちらのMR-Sです。

本来の取材対象がコペンだったということもあり、「オープンカーってやっぱりいいなぁ……」と感じていたため、タンカラーの幌が目に入ってきたのです。

MR-Sは1984年にMR2として登場した国産自動車メーカー初の市販ミッドシップ車の後継車種であり、日本国外では3代目MR2としても販売されていた車種なのです。

初代、2代目のMR2は過給機付きモデルが設定され(初代はスーパーチャージャー、2代目はターボ)一部では危なっかしい車という評価もあった車種でしたが、3代目は140psを発生する1.8リッターのNAエンジンのみのラインナップとなり、速さを求めるよりも操る楽しさに主眼を置いたモデルとなりました。

そして、一番の違いはソフトトップを備えたオープン2シーターとなった点。初代、2代目にもTバールーフ仕様はありましたが、完全なオープンモデルとして生まれ変わったというわけです(2代目にはトヨタテクノクラフトが手掛けたMRスパイダーというオープンモデルが受注生産されていましたが)。

そんなオープンエアモータリングとミッドシップレイアウトのハンドリングが1台で楽しめるなんとも欲張りなMR-Sですが、こちらの物件はなんと2000年に追加されたトップグレードの「Vエディション」ではありませんか!

専用ボディカラーのダークグリーンマイカにタンのソフトトップと本革シートの組み合わせは、ブリティッシュな雰囲気を漂わせていますね。

マニアな視点からしてみると、Vエディションにのみ標準装備されていた光沢仕様の純正アルミホイールが失われているのが残念ですが、走行距離も7.4万kmで、ソフトトップの状態も悪くないし、通常は黄ばみ切ってしまっているヘッドライトが、新品のようにクリアな状態をキープしているのはプラス要素と言えるでしょう。

さらに気になったのは、こちらの物件がSMT(シーケンシャルマニュアルトランスミッション)だということです。

国産量産車初であるこのミッションは、クラッチレスMTであり、クラッチ操作が不要な以外はMT車と同じようにギアチェンジが必要というもの。

MTを好むユーザーには少し物足りないかもしれませんが、AT限定免許でも楽しめるというメリットがあります。

ただし、MR-Sの定番トラブルのひとつがこのミッションなのです。その分手ごろな価格で狙える物件も多いのですが、実車確認の際にはしっかりとチェックしておくようにしましょう。

いかがでしょうか。もし私と同じように気になっちゃった方がいらっしゃいましたら、ぜひカーセンサーnetでチェックして販売店へ足を運んでみてくださいね!

text/フナタン(小鮒康一)

photo/尾形和美、カーセンサーnet

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rak*****|2018/11/09 12:16

    違反報告

    >>走行距離も7.4万kmで、ソフトトップの状態も悪くないし、通常は黄ばみ切ってしまっているヘッドライトが、新品のようにクリアな状態をキープしているのはプラス要素と言えるでしょう。
    さらに気になったのは、こちらの物件がSMT(シーケンシャルマニュアルトランスミッション)だということです。
    【中略】
    >>ただし、MR-Sの定番トラブルのひとつがこのミッションなのです。

    じゃあ、この車はダメじゃん!
  • crt*****|2018/11/09 15:19

    違反報告

    あまり知られていませんが、この車、いじると結構伸びしろありますよ。
  • ken*****|2018/11/09 16:52

    違反報告

    MRSでAT車???
    ゴミでしょっ。
    MR2・ロードスター・86等でAT車ってありえない。。。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します