現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 自動運転CMで総ツッコミの日産。ノートe-POWER動画にもモヤモヤするワケは?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動運転CMで総ツッコミの日産。ノートe-POWER動画にもモヤモヤするワケは?
  • 自動運転CMで総ツッコミの日産。ノートe-POWER動画にもモヤモヤするワケは?
  • 自動運転CMで総ツッコミの日産。ノートe-POWER動画にもモヤモヤするワケは?
  • 自動運転CMで総ツッコミの日産。ノートe-POWER動画にもモヤモヤするワケは?

プロパイロット初搭載モデルのセレナ(写真:日産自動車)

かつてあった誇大表現への総ツッコミが活かされていない

この動画で言っていることがすべて間違っているわけではない。というか、おおむね正しいとすら言えるだろう。つまりディテールが乱暴なわけではない。

確かに(都市部では)信号は多いし、赤信号で車をカックンと停止させる乱暴なドライバーもいる。そしてそういう停車をされると、同乗者は不快に思うものだ。時には(頬を叩くかどうかはさておき)文句のひとつも言いたくなるだろう。

そしてガソリンエンジン車よりも、ワンペダルで減速および停止まで持っていける電気自動車系のほうが「超スムーズな停止」は実践しやすいというのも、確かにそのとおりではある。

けれど「絶対にそう」ではない。

安全な速度の範囲内で「先を読んだ運転」をすれば、古風なガソリンエンジン搭載車であってもスムーズな停止は十分可能であろう。また逆にワンペダル系EVであっても、下手で乱暴なドライバーがアクセルを急激に抜けば、車種によってはかなりカックンとくる。場合によってはドライバーをビンタしたくなるほどに(しませんが)。

「EVだから有利」というのは確かにあっても、「EVだから絶対にOK」という事実はないのだ。まぁそんなことは言うまでもない自明の理であるため、日産自動車も、そしてこの動画を実際に制作した広告代理店も、よくわかっているはず。

だがわかったうえであえて物事を乱暴に区切り、乱暴に表現している。その姿勢に筆者は日産自動車ならびに広告代理店の「不遜」を感じてならない。キャッチーなら、売れれば、それでいいんだろ? 頬を叩くってのもインパクトがあって面白いだろうしさ! というニュアンスの不遜さだ。

だから私は言うのだ。「乱暴なのは、むしろあなたがたのほうではないですか」と。

かつて日産は「プロパイロット(日産の高速道路同一車線自動運転技術)」のことを、広告内で「スイッチひとつで自動運転!」的に表現した。だが「さすがにそれは誇大表現だろ」との総ツッコミが入り、現在はその文言は使っていない。

その後は、やっと地に足をつけたのだろうと思っていた。世界的自動車メーカーとしての責任を感じながら、インパクトやキャッチーさは当然重視しつつも、丁寧な広告表現を心がけるようになったのだとばかり思っていた。

だが、どうやらそうではないのかもしれない。

(ジャーナリストコラム 文:伊達軍曹)
----------
伊達軍曹(だて ぐんそう):自動車コラムニスト
外資系消費財メーカー勤務を経て自動車メディア業界に転身。「IMPORTカーセンサー」編集デスクなどを歴任後、独自の着眼点から自動車にまつわるあれこれを論じる異色コラムニストとして、大手メディア多数で活動中。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します