現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!
  • 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!
  • 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!
  • 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!
  • 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!
  • 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!
  • 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!
  • 21世紀の中高年よ「プラグインハイブリッドのゴルフ」という選択はどうだ!

▲こちらがそのフォルクスワーゲン ゴルフGTE。1.4Lの直噴ターボエンジンと電気モーターを組み合わせた、フォルクスワーゲンとしては初のプラグインハイブリッド車

近所を走る際はほとんどEV。しかし豪快な走行モードも用意

まずはフォルクスワーゲンゴルフGTEという車に関する簡単なおさらいから。

ゴルフGTEは、現行フォルクスワーゲンゴルフ(通称ゴルフ7)に2015年9月に追加された「ゴルフのプラグインハイブリッド」。そのシステムは、最高出力150psの1.4L直噴ターボエンジンと、109psの電気モーターを内蔵する6速DSG(DCT)、そして容量8.7kWhの走行用リチウムイオンバッテリーで構成されている。

走行モードは、電気モーターだけで走る「Eモード」と、エンジンとモーターを効率よく使い分けながら走る「ハイブリッドモード」、そしてエンジンとモーターの両方を使って力強く走る「GTEモード」の計3種類。

純EVとして走る「Eモード」での航続距離は最長53.1kmで、速度的には130km/hで走行することも可能(まぁ、ここは日本なんで、そんなに出せませんが)。バランスの良い「ハイブリッドモード」でのカタログ燃費(JC08モード)は23.8km/Lだ。そして強力な「GTEモード」にすれば、0-100km/h加速7.6秒、最高速度215km/hというかなりの韋駄天ぶりを発揮する。

走行用バッテリーの充電は、フロントグリル中央にある「VWエンブレム」の背後にある充電ソケットを介して行う。満充電までにかかる時間は、200Vの家庭用電源で約3時間だ。

新車時価格は499万円となかなかお高いレベルだったが、現在の中古車相場は2016年式の低走行物件でも総額260万円~というイメージである。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します