現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?

ここから本文です
コラム 2018.10.19

超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?
  • 超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?
  • 超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?
  • 超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?
  • 超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?
  • 超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?
  • 超高性能なのに実はお手頃相場。中高年に最適な1台はプジョー 308 BlueHDiなのか?

▲「筆者が提唱している「中高年の車選び4ヵ条」に合致するだけでなく、高年式低走行車であっても比較的お手頃相場なので、おサイフにもやさしい。……もしかしてディーゼルの現行プジョー 308って最強なのか?

ボルボ V40 D4もいいが、こちらはさらにジャストフィットかも?

若い頃のそれとはまた違う「中高年ならではの正しい車種選択」について、このところ考え続けている。

20歳の青年だった頃に愛用していた衣服を、50歳になった筆者がそのまま着ると「変なおじさん」になってしまうのと同様の意味で、50代には50代なりの(あるいは40代なりの、60代なりの)選ぶべき車というのがあるはずなのだ。

で、筆者が提唱している「中高年ならではの車選び指針」とは、さしあたり以下の4項目である。

1.つまらん車は買わない

(人生の残り時間もぶっちゃけ少ないですから)

2.無駄に大きな車は買わない

(同乗者の数も減少傾向でしょうし)

3.ある程度「上質」な車を選ぶ

(チープシックが似合うのは若者だけですから)

4.先進安全装備の有無にこだわる

(加齢とともにヒヤリ・ハットは必ず増えるし)

以上を踏まえ、過日は現行ボルボV40D4なるクリーンディーゼル車を推奨させていただいた。

だがその後、よくよく考えてみたところ、「……もしかしたら同じディーゼルでも現行プジョー308のBlueHDi系の方が、我々中高年にはハマるのかも?」と思うに至った。

次章以降、筆者を含む中高年各位に、現行プジョー308BlueHDi各グレードを推奨したい詳細な理由を述べる。

プジョー 308の購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • t25*****|2018/10/19 22:02

    違反報告

    今、最も壊れない外車はプジョー。と断言できる。
    ドイツ車は新技術開発競争のスパイラルで、とても繊細なメカになっなので壊れる。
    BMはミッション系、ゴルフは構造上1つのピストンリングが駄目になってもエンジンごと交換必要。
    プジョーは、そんな開発費無いから、あり物の改良と熟成しか出来ない。
    結果、壊れようがない。
    車の様な工業製品は、熟成してゆくと本当に高い次元に信頼性を伴ってたどり着ける。
    今のプジョーは、ボディー、シャシー、サス、エンジンがとても高次元でバランスされていて、
    もっと運転したくなるなかなかの完成度。
  • ak5*****|2018/10/19 16:06

    違反報告

    1日試乗する機会があり宇都宮から日光までのドライブをさせてもらった(約200㎞)、スタート時から始めて運転する車とは思えない、運転のしやすさでエンジン音もディーゼルとは思えない静かさで、多くのディーゼル車に乗せてもらったがもっとも静かなアイドリング音で加速すると本当にV8の様な音である、ただし、加速力では他にもっと速いディーゼルが有るとは思うがこの音にはしびれる、Missは6速であるが全く関係なく良く走り燃費も20km/lジャスト(満タン法)であった。
    現在ゴルフ7に載っているが運転感覚では308が唯一の対抗馬である、ただし、やはり先進装備の乏しさとフランス製で有る事からの品質が心配である。
  • cre*****|2018/10/19 17:37

    違反報告

    先日アリュールBlueHDi(2016年モデル)を購入しました。
    年式によるACC仕様の差異で混乱した経験から一点訂正です。

    "アリュールBlueHDiはアクティブではない単純なクルーズコントロールシステムとなり"とありますが、2016年7月~2017年10月に販売されたモデルにはアリュールでもACCが付いています。
    減速にエンジンブレーキしか使用しないタイプなので急な減速や停止には対応できませんが、高速で流れに乗る程度なら十分に使えます。

    また、このモデルはドライバースポーツパックが付いており、2017年モデル以降では省略されてしまったスポーツモードが使用できます。

    一方で衝突軽減ブレーキの効力が弱い仕様のため制動力が劣るとディーラーで説明されましたので、安全性能を重視する方には2017年以降のモデルが、ACCやスポーツモードを使用したいと考える方には2016年モデルがマッチすると思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します