現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 自動車愛好カルチャー存続のために「人の振り見て我が振り直せ」のススメ

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車愛好カルチャー存続のために「人の振り見て我が振り直せ」のススメ
  • 自動車愛好カルチャー存続のために「人の振り見て我が振り直せ」のススメ
  • 自動車愛好カルチャー存続のために「人の振り見て我が振り直せ」のススメ
  • 自動車愛好カルチャー存続のために「人の振り見て我が振り直せ」のススメ

人の振り見て我が振り直せ

「腐れドライバーが外道駐車をしとるのう……」と独りごちつつ、筆者は愛用の自転車をコロコロ押しながら、駒沢通りの横断歩道を渡ってすぐの場所にある自転車店へ入っていった。愛機BD-1の前輪がパンクしてしまったため、その修理を依頼するためだ。

すると店内には先客がいた。2人組の、しゃれた短パンを履いた中年男性。高級スポーツ自転車のカスタマイズか購入に関する相談を、店主としているらしい。店主ひとりで経営している小さなお店であるため、後から来た客である筆者は当然おとなしく順番を待った。けっこうな時間、待った。

するとようやく商談が終わったようで、短パン中年2人組は何らかの代金を払い、店から出ていった。わたしは手元の時計(つってもiPhoneだが)を見た。約10分が経過していた。

で、もうおわかりかと思うがその短パン2人組が、横断歩道上に極悪駐車されたドイツ製某大型高級SUVに乗り込み、ブロロロ~ンと去って行ったわけである。

よりによって横断歩道上に路駐するという無神経ぶり。近隣にコイン駐車場が無いわけでもないのに、店の真ん前(しかも横断歩道上)に停めるという貧乏くささ。「この高級輸入SUVなら、いちゃもん付けてくる奴はいないだろ」とでも思っていそうな不遜さ。

…それらについて、ここでいちいち詳しくは言及しない。ただ「外道めが」と言うのみである。それよりも言いたいのは、「人の振り見て我が振り直せ」というニュアンスに近い何かだ。「…俺も気をつけにゃならんな」と思ったのだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します