現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 絶滅危惧車の初代グランドチェロキーで、昔ながらのSUV感覚を味わうべし!

ここから本文です
コラム 2018.10.16

絶滅危惧車の初代グランドチェロキーで、昔ながらのSUV感覚を味わうべし!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅危惧車の初代グランドチェロキーで、昔ながらのSUV感覚を味わうべし!
  • 絶滅危惧車の初代グランドチェロキーで、昔ながらのSUV感覚を味わうべし!
  • 絶滅危惧車の初代グランドチェロキーで、昔ながらのSUV感覚を味わうべし!
  • 絶滅危惧車の初代グランドチェロキーで、昔ながらのSUV感覚を味わうべし!

▲1992年に北米国際オートショーで発表され、翌1993年に日本でも発売されたジープの上級モデル、グランドチェロキー

重機のような操作感のSUV

1992年、デトロイトで披露されたグランドチェロキーは、フォードエクスプローラーの対抗馬として投入された“ミッドサイズ”SUV。アメリカでは、このクラスでもミッドサイズなのだ。

SUVの新時代を感じさせるモノコックボディを搭載し、セダン感覚で運転できることが主眼に置かれている。オンデマンド・クォドラトラック・フルタイム4WDと呼ばれる、路面状況に応じて最適なトルク配分を行うシステムを搭載。

サスペンションのストロークは大きめで、どんな路面でもフラットライドを確保することで快適に走れることを目指している。ただ、昨今のSUVと比較すると、ボディロールは大きめでSUVであることを意識させられるのは古いゆえに致し方ないだろう。

また、セダン感覚で運転できることと悪路走破性を確保した妥協の表れ、だったのかもしれない。今となっては、それも味わいとして楽しむことができる。

上級車という触れ込みなのにちょっと無骨で、まるで重機を操っているかのような感覚を味わえる。そういう点では昔ながらのSUVで、今となってはノスタルジックとも言える。

グランドチェロキーのルーツは面白い。開発自体はジープで有名なAMC(アメリカン・モーターズ・コーポレーション)時代に始まり、その後、AMCがクライスラーに買収された。そして、クライスラーのミニバン構成見直しに伴い、投入時期が遅れることになった。

日本デビューは1993年からで、4L直6エンジンと5.2LV8エンジンを搭載してきた。グランドチェロキーに似合うのは、低速トルクたっぷりのV8エンジンだと個人的には思っている。

ただ、残念ながら2018年8月17日現在、V8エンジン搭載車はカーセンサーnetに1台も掲載されていない。しかし直6モデルは3台掲載されており、おおむね総額50万円以内で狙える。

ちょっと乱暴な言い方だが、昨今のSUVは乗り味がどんどん均一化しつつある。従来、SUVが目指してきたセダン感覚が具現化されつつあるなか、グランドチェロキーは今となってはノスタルジックな乗り味がたまらない。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい!

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/FCA、カーセンサー

ジープ グランドチェロキーの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • imo*****|2018/10/17 00:04

    違反報告

    中古買う人はグランドじゃ無い方を買うんじゃないかな。
    ホンダがJeepを売っててホンダのチラシにジープも混ざって載ってたなんて今となっては信じられない。
  • dry*****|2018/10/16 21:48

    違反報告

    以前友人の車に乗って、数キロのチョイノリで燃料計の針が下がった、さすがアメ車。
  • min*****|2018/10/16 21:25

    違反報告

    友達がパジェロ2代目が人気で半年以上掛かると言われて、即納のチェロキーを買った。市場させて貰ったが市街地の不整ろめんで、ワンダリングが酷くて、早々に運転を譲った。友達は4ヶ月で、オデッセイに乗り換えた。怖くて高速が走れない。サス取り付け部の剛性不足でサスがぐらぐらして挙動がおかしくなる。こんな車を90年頃に売るなんて信じられない。アメ車が売れないはずだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します